IC Markets レビュー

信頼スコア
4.0

最小預金額

$200


レバレッジ

500:1


Deposit Bonus

NA

規制

  • ASIC

プラットフォ-ム

  • MT4

  • MT5

  • cTrader

ICマーケットはしっかりとした基盤を持ち、オンライン外為・CFD(差金決済)取引が人気の業者で、幅広いレンジの資産に競争力の高いスプレッドを提供しています。この業者は世界中の経験を積んだトレーダー、初心者トレーダーの両者に利用されていますが、その競争にどのように臨んでいるのでしょうか?下記のレビューでは、この業者を作り上げている観点と、同業他社との比較を取り上げます。

紹介

ICマーケットは2007年に、オーストラリアのシドニーを本拠地とするInternational Capital Markets PTYによって設立され、運営されています。本社所在地はLevel 6 309 Kent StreetSydney, NSW 2000で、豪州内で最高のオンライン取引業者と言われています。これはICマーケットが、かつては投資銀行や富裕層だけが提供していた投資解決法を提供することで、個人トレーダーと大手金融機関との溝を埋めようと努力しているためです。また、豪州内でも最高のレバレッジ、低額のスプレッドや費用、優秀な教育センターなどを提供しています。ICマーケットの他の素晴らしい側面は、2009年にオーストラリア投資証券委員会(ASIC)ライセンス番号335692に認可されていることです。さらにICマーケットのメンバーは、より一層の安全性を維持するファイナンシャル・オンブズマン・サービス(FOS)で保護されています。

商品

ICマーケットは顧客に、世界中の市場をまたぐ幅広い投資金融商品を提供しています。トレーダーは外為、指標、先物、株式、債券、コモディティ、CFD(差金決済取引)、仮想通貨をも含む80以上の取引可能な商品にアクセスすることができます。この業者は資産が枯渇することなく、できる限り高いレバレッジおよび最低スプレッド・費用を供給するよう努力しています。

取引条件

ICマーケットは競争力のあるスプレッドと手数料を提供し、業界内でも最高の取引条件の提供を最優先としています。ICマーケットは待ち時間が少なく、ベストプライスを提供するサーバーを使用しています。スプレッドはMT4プラットフォームで最低0ピップ、cTraderプラットフォームでは最低-0.3ピップです。ICマーケットは50以上の異なる銀行やダークプール・リクイディティソースからの提示金額を入手しているために、このようにスプレッドを低く抑えることが可能です。これら全てを踏まえると、ICマーケットはデイトレーディングやスキャルピングに理想的な取引環境を提供しています

口座タイプ

ICマーケットはあらゆるタイプのトレーダーの必要性に見合うよう最善を尽くしており、異なる3つの口座タイプを提供しています。トレーダーは「スタンダード(標準)」「True ECN」「cTrader ECN」口座から選ぶことができます。これらの口座には違いがあるものの、基本的には同じ特典があります。その共通特典を見てみましょう。

  • MT4 &cTrader取引プラットフォーム
  • エクイニクス NY4 - ニューヨークのサーバーロケーション
  • 入金額$200 USD
  • 最大レバレッジ 500:1
  • 64 の通貨ペア
  • 同様の取引スタイル

基本的に、True ECN口座ではスプレッドが少々低くなるという違いがあるだけです。

手数料&費用

ICマーケットは非常に競争力のある手数料と費用で知られています。例えば、スタンダード口座では手数料がかかりませんが、スプレッドは銀行間相場より1ピップ高いくなります。ECN取引口座では、スタンダード口座のラウンドターンロットにつき$7の手数料が発生します。また、CFD(差金決済取引)では追加費用や手数料はかかりません。費用について素晴らしい他の点は、トレーダーに休眠口座の手数料がかからないことです。他の多くの業者が休眠口座に課金することを考えると、これは素晴らしいことです。

取引プラットフォームとツール

ICマーケットの取引プラットフォームは、予想をはるかに超えるものです。取引に1つではなく3つの取引プラットフォームから選ぶことができます。選べる3つの取引プラットフォームで、トレーダーは確実に自分の必要性と取引スタイルに合ったものを見つけられるでしょう。その概要を下記に挙げます。

これはICマーケットだけでなく、世界中の業者で最も著名な取引プラットフォームです。このプラットフォームでは、ワンクリック取引、さまざまなテクニカル指標、進化したチャット分析ツールやエキスパートアドバイザーなどが利用できます。

MetaTrader(メタトレーダー)5(MT5)

このプラットフォームはMetaTraderプラットフォームに最新の機能を追加したものです。MetaTrader4ほど使用されておらず、認知度も低いものの、MT4の改良アップグレード版です。

cTrader

cTraderプラットフォームは、特に自動取引ソフトを使うECN取引環境向けに開発されました。このプラットフォームでは、トレーダーは自動取引の際にZuluTrade(ズールトレード)、Myfxbook(マイfxブック)の自動取引、Signal Trader(シグナルトレーダー)のミラーリング技術の3つのオプションが使えます。

ICマーケットはモバイル機器で使いやすいか?

はい。ICマーケットはスマートモバイル機器に完全対応しています。MT4プラットフォームはApple AppとGoogle Play Storeの両方でダウンロード可能なアプリがあります。また、cTraderプラットフォームはウェブベースで、モバイル機器のブラウザとも互換性があります。

プロモーション

残念ながら、ICマーケットは取引または新規口座登録向けのプロモーションボーナスを提供していません。

入金&出金

入金

ICマーケットは国際的な取引業者で、幅広い入金オプションを10種の異なる通貨で提供しています。10種類の通貨は豪ドル(AUD)、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、カナダドル(CAD)、英ポンド(GBP)、シンガポールドル(SGD)、ニュージーランドドル(NZD)、日本円(JPY)、香港ドル(HKD)、スイスフラン(CHF)です。利用できる入金オプションは、クレジットカード、デビットカード、銀行振込、業者間振込、支店への現金入金、ビーペイ(BPay)入金、ペイパル(PayPal)、ネッテラー(Neteller)、ウェブマネー(WebMoney)、キウィ(QIWI)、銀聯(China Union Pay)、ファサペイ(FasaPay)です。これらほとんどの入金方法は即時対応しており、複数の通貨で可能です。

出金

出金は入金同様に多くの方法で可能です。豪州国内の銀行振込とe-wallet出金は早い時間であれば同営業日内に処理され、無料です。海外での出金は3~5営業日を要し、25豪ドルかかります。

カスタマーサポート

ICマーケットが他より優れていることの一つに、カスタマーサポート水準があります。ICマーケットは国際的な業者なので、複数の言語で24時間、平日5日間のサポートを提供しています。トレーダーが利用可能なサポートは、ライブチャット、eメール、電話、そしてこの業者のソーシャルメディアチャンネルです。さらに、ウェブサイト上のよくある質問(FAQ)ページには、多くの情報が載っています。

リサーチと教育

そのほかにICマーケットが非常に優れている点は、広範囲に及ぶ教育センターを通じて顧客を教育していることです。教育センターはとてもしっかりと体系化されていて、トレーダーは記事、ガイド、ビデオ、チュートリアルなど、さまざまな投資や取引関連の内容が多く見つけられます。

特筆すべき点

ICマーケットは、オーストラリアで最高の取引業者として知られています。この業者は幅広い資産、取引ツールと教材をトレーダーに提供しています。また、ICマーケットは何年もの実績があり、優秀な評価を得ています。

結論

ICマーケットのレビュー後、私たちはこの業者が評判通り素晴らしく、トレーダーにとって良いオプションであると結論づけました。ICマーケットは競争力のある手数料と費用、そして経験を重ねたトレーダーと初心者トレーダーの両者が喜ぶ、さまざまな投資商品を提供しています。ICマーケットが提供する取引プラットフォームは満足以上の出来であり、成功に必要なツールと特徴すべてをトレーダーに提供しています。

ユーザーレビュー