仮想通貨ICOに投資すべきか?

by Andrew McGuinness     7月 06, 2018

どんな投資にもリスクはつきものですが、特に仮想通貨ICOのような初期段階のものへの投資リスクは高くなります。ICOとはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)の略です。これは投資家が新たな仮想通貨が実際に市販される前に投資することです。

もちろん、このICOは将来の成功を約束し、その可能性を示す場合があります。でも予測できない影響に満ち世界に身を投じる前に、ICOが将来成功するというこの可能性は揺らがないと言える人はいるのでしょうか?ここではICOに関する事実と、投資を決めた時に得ることができるかもしれない利点を取り上げます。

1. 大きなリターン

最近、ビットコインがあまりにも大きすぎるリターンを投資家に提供するのを世界は目撃しはじめたため、今では、大勢が、自分の運を試そうという気になっています。どれほどの規模なのか気づいていらっしゃらないのであれば、4年前の2013年にビットコインに1,000ドル投資すれば、今日、現金化した場合、400,000ドルを稼いだことでしょう。

実際、ビットコインは高い収益率をあげた唯一の仮想通貨ではありません。ストラティスはICOで600,000ドルの投資を得て、数ヶ月のうちに63,000%に成長しました。別のICOのスペクターコインは15,000ドルを調達し、一時期、市場で13,000%に成長しました。

2. すばやい売却

仮想通貨の良い点は、初めて投資をした後、比較的短期間で大きな利益をあげ、投資を売却できます。長期間に渡り、安定して着実な利益フローを生み出す長期投資と違い、仮想通貨ICOは市場にでた初年度内に大きな利益を生む傾向があります。これはもちろん、仮想通貨が何らかの利益をあげればのことです。

つまり、仮想通貨ICOが大成功すれば、すばやく稼げます。他のICOであれば長時間成功するかもしれませんが、時間がたつにつれて、こうなる可能性は低くなります。これはもちろんビットコインで起こったことですが、ビットコインは特殊な例です。

3. 流動性

新たな仮想通貨ICOにより流動性が高まる場合が多くあります。だからといって、すべてのICOにこの利点があるわけではありません。ICOの流動性を高めるのは、ネットワークの規模です。たとえばデータムネットワークには56,000人の投資家がいます。これにより、イーサリアムまたはフィアットとのデジタル通貨の交換と売却ははるかに容易になっています。

4. 払った分の見返りを受ける

ICOに投資するときには、ネットワークのあらゆる行為を研究できます。だからといって、投資した時と、仮想通貨ICOが立ち上げられた時とでは変化がないというわけではありません。このことは、投資を探す新興企業のほとんどにあてはまりません。試作品と公表される最終製品は似ても似つかない時もあり、投資目標に達した後に無数の変更が行われます。一方、ICOがおこなわれると、見たもの(あるいはむしろ見えないもの)が得るものです。

結論

すべての投資にリスクはつきものとはいえ、ここであげたリスクは振り返る価値があります。これがあてはまるのはもちろん、新たな仮想通貨ICOを賢く選択した場合です。明らかに、すべてのICOが大成功するわけではありません。一つのICOが成功をおさめすれば、はるかに多くの 惨めな失敗に終わるICOははるかに多く存在します。投資前に、研究をして、すべてのオプションを検討し、他の通貨よりも抜きん出ている仮想通貨を検討し、できることをすべてやってから、最終的に投資を行い、最善の結果を願ってください。どんな投資も保証することはできませんが、ICOを使って正しい方法をやれば、多くの利益が得られるでしょう。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。