他とは異なる方法でデジタル通貨を使用している7つの企業

による Andrew McGuinness     3月 01, 2018

世界に初めて登場した2009年以来、ビットコインは経済市場とテクノロジー分野に大きなインパクトを与えてきました。2009年まで唯一の通貨として使用してきた法定通貨を、頭からひっくり返しています。仮想通貨は、今まで破ることができないと考えられていたルールを全て破り、そのことは最新の分権管理型システム技術のおかげで可能となっています。

分権管理型システムは、操作を行うため、金融機関などの仲介者を必要としません。ブロックチェーン・プラットフォームも仮想通貨の成功に貢献し、技術の世界に授けられた、今までで最も素晴らしく、革新的な贈り物になっています。ですからお分かりのように、仮想通貨の創設は見かけ以上のものなのです。革新的な方法で商品を扱い、仮想通貨とその技術の足跡を追いかけている企業が存在します。下記に挙げるのは、デジタル通貨を一つ上のレベルへ導いている7社です。

1. Javvy

Javvyはウェブサイトを介さずに、上手な方法で仮想通貨を両替しています。ウォレットの機能も持ち合わせています。Javvyが懸念するトップ事項は、ユーザーが保有する仮想通貨の安全性です。そのため、このオフラインのプラットフォームは非常に安全なのです。

2. Divi Project

Divi Projectは、最も実践的で革新的なデジタル・ウォレットを創り出すことにエネルギーを注いでいます。このプラットフォームを使用すれば、ユーザーネ―ムをタイプするだけで、何の苦労もなく取引が可能になります。

3. Stream Token

Stream Tokenは、ブロックチェーン技術によって可能になったトークンです。このトークンの目的は、コンテンツ・クリエイターが制作した作品を最終的に収益化することです。コンテンツ・クリエイターたちは、とくにこの2年間、厳しい状況にありました。YouTubeのようなウェブサイトが、クリエイターのつくる内容にますます規制をかけ、選ばれた少数のクリエイターだけが収益を得られるようになったからです。

しかしStrem Tokenプラットフォームは、クリエイターによるコンテンツの制作や、視聴者から直接、経済的なサポートを受け取ることを可能にするでしょう。中央集権的な決済方法を排除することで、Stream Tokenは不要な仲介者が干渉することなく、視聴者がコンテンツを楽しみ、クリエイターが作品をつくることを可能にするのです。

4. Monetha

Monethaは、小売業者や業者を考慮してつくられた決済プラットフォームです。いくつかの媒体の中でも最も有名な3つ、Eコマース・携帯電話・小売店舗立地を使って利用ができます。この決済プラットフォームを使用すれば、購入者は前回取引のレビューについても閲覧する機会が得られます。

5. Shapeshift

Shapeshiftは必要なときにすぐに使え、アカウント登録なしでも利用可能です。両替したいコインを選び、決済方法をタイプするだけです。今までのどんなデジタル通貨取引所よりもシンプルです。

6. SpectroCoin

SpectroCoinは完全無料の取引所プラットフォームであり、デジタル通貨ウォレットです。150か国以上で利用でき、30のよく使われる通貨を提供しています。SpectroCoinがユニークなのは、世界中の3千万ものATMの一つを使って、自己資金にアクセスできるデビッドカードが実際にもらえることです。

7. Coinbase

ベンチャー・キャピタルで2億ドルになったCoinbaseは、仮想通貨の売買に使用されるプラットフォームです。仮想通貨になじみがあるなら、Coinbaseの名をすでに聞いたことがあるかもしれません。この企業は30か国で展開し、現在はおよそ1千百万人の顧客がいます。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。