FX取引:初心者

初心者
Trading101
20 レッスン
20 時間

通貨市場の説明:一般法則

お金は、我々の多くが朝起きる理由を示してくれます。生活費をまかなうため。

大昔から、人類は次の日に備える必要がありました。食べ物、水、その他の必需品であれ、人はそれを手に入れるために「何かをする」必要があります。

今では、物を手に入れるにはお金が必要です。したがって、お金が多いほど、多くが手に入ります。もちろん、ここでは物の話をしています。

昼間の定職で目的を達せるかもしれません。結局、月末の請求書を払えるのであれば、何の問題があるでしょうか?

何も悪いことはありません。ただし人は願望を抱きます。これこそが人類を駆り立ててきました。いつもより多くを求めて努力します。そして、ある意味では、ここから進歩が始まります。

数年前までは正解であったのは副業でした。ですが、長期的な解決法ではありません。

幸運にも、以前に述べた同じ進化のおかげでパソコンやインターネットが登場しました。そしてそれとまったく同じように、オンラインビジネスで臨時収入を得る可能性がでてきました。

FX取引の導入

為替市場または外国為替市場とは、世界最大の金融市場のことです。毎日、この市場では、5兆ドルを超える金額が持ち主を変えています。

世界の他の市場が小さく見えます。株式のことを考えていますか?株式のことは忘れてください。

FX(このニックネームは(foreign exchange(外国為替)にちなんだものです)とも呼ばれますが、実際には、インターバンク市場を指します。最近まで、個人トレーダーはアクセスできませんでした。

なぜでしょうか?答えは、この市場へのアクセスには大金が必要だったからです。とはいえ、インターネットが日常生活にしっかりとした基盤をつくりあげたため、インターネット接続ができれば誰でも、通貨市場で取り引きできます。

従って、FX取引は次第に人気となりました。取引を定義すると、営利目的の金融資産の売買のことです。

言い換えると、FX取引とは営利目的の外貨売買のことです。あるいは、外貨の動きに賭けることです。

この変動性が、通貨市場を非常に魅力的にしています。

毎日、通貨は互いに逆方向に動いていき、世界中のトレーダーがこの動きに賭けるのです。買う者があれば売る者もあり、取引日の間のすべての売買による多額の取引が毎日行われます。

FX市場の法則

他の金融市場とは違い、通貨市場では週5日24時間取引ができます。月曜から金曜まで、休みはまったくありません。

これは恵みでもあれば、呪いでもあります。恵みというのは、大量の取引の機会が展開するからです。

呪いというのは、休むことなくあらゆる通貨を追い、FX市場の動きをすべて追跡は誰にもできないからです。そのため、自動取引が登場しました。

そうです、現在ではFX取引はほぼ80%が自動化されています。つまり、人間ではなく、ロボットが取引を行います。

巨額の損失をトレーダーが被らないようにするための一つの手段として、どんな取引プラットフォームでも、指値注文を提供しています。または、価格がそこに行き着いたら、プラットフォームが自動的に取引を手じまいするように平均化します。

それで、外為市場を5日間ずっと見つめるという問題はなくなりました。トレーダーは指値注文をし、設定して忘れます。

それは簡単でしょうか?もちろん、簡単ではありません。

いずれにせよ、自動取引はFX市場の一部でしかありません。以下、最重要プレイヤーをあげます。

  • 中央銀行。世界中の主要中央銀行は、積極的に為替市場に参加しています。特定通貨に対する金融政策を策定して実行します。
  • 商業銀行。どんな商業銀行にも、通貨を積極的に売買して、リスクをヘッジし、利益を上げる財務部門があります。基本的に、それで銀行の金利が守られます。
  • クオンツと高頻度取引産業。このような企業はスーパーコンピュータを使って、一秒間に数千の売買取引を行います。価格のごくわずかな変化も見逃すまいと努力し、できる限り、大量取引を行います。
  • FXブローカー。FX市場投機に特化した取引部門があるブローカーもあります。ブローカー組織に応じて、通貨売買への参加が増減します。その他の企業。投資銀行、機関投資家、民間投資家、リクイディティプロバイダーなど、すべてこのカテゴリーにあてはまります。

このリストにあげた最初の二つがインターバンク市場を形成します。残りは投機筋です。

個人トレーダーさえいれれば、リストは完成します。たった一つの理由があるため、市場に影響を及ぼす可能性が低い存在です。全FX市場で個人トレーダーが占めるのは、わずか6%でしかありません。

そうです、5兆ドルのうち、個人トレーダーが占めるのはわずか6%なのです。とはいえ、それは大きな数字です。

さらに、あの全企業と比べると、個人トレーダー(オンライン取引口座を開設した普通の人)は完全に分が悪いのです。しかし、FX取引で利益を得る可能性は存在しており、そのために人が引きつけられるのです。

投機術

投機は市場の動きから利益を得る形式です。FX取引では、通貨が急落するとショート、または通貨高となるとロングといいますが、ショートは売り、ロングは買いのことです。

FX市場では、通貨を売るだけ、買うだけでは不十分です。実際にはそんなことはできません。

通貨はペアになります。米ドルに対してユーロ安となった場合は、JPY(日本円)に対してもユーロ安となるわけではありません。

そのため、トレーダーはユーロ安となるのはどの通貨なのかも特定する必要があります。言い換えると、分析は突然複雑になるのです。通貨ペアには2つの通貨があり、トレーダーは両方の通貨を分析しなければなりません。

投機のためには、トレーダーはテクニカル分析とファンダメンタル分析を使用します。テクニカル分析では、世界の隅々からあらゆる指標とこれまでに構築された取引理論が集められます。

過去の価格に基づいた将来価格の予想を目標とします。

一方、ファンダメンタル分析では、経済ニュースの分析と研究成果に基づく行動がテーマです。地政学、選挙、この線にそったその他の出来事も、ファンダメンタル分析の概念にあてはまります。

正しい取引では、テクニカル分析とファンダメンタル分析の両方を考える必要があります。そうしなければ、すべてがランダムとなり、最終的には取引口座が赤字となります。

結論

為替市場は通貨を売買するために集まる場所です。ほとんどの参加者は利益をだそうとしています。投機を行います。

個人トレーダーの場合、課題となるのは市場に対する理解です。そのため、目標は損失をださないことではありません。そしてやっとのことで、利益をあげることができるのです。

この記事の最初に書いたように、個人トレーダーにチャンスが微笑んでいるわけではありません。FX取引は非常に簡単なものとして宣伝されているため、トレーダーは自分達が何をやっているのかわからないまま飛び込んでしまうのです。

理解さえせず、FX市場のように複雑なものをマスターできるものでしょうか?個人トレーダーは最初の預入金を失って初めて学習教材を探し、通貨取引と本当は何であるのか掘り下げ始めるのです。

ある意味では、他の実体験よりも難しいというものではまったくありません。学校での体験を覚えていますか?

先生から悪い成績をもらってはじめて、勉強を始めます。取引も同じです。

市場はテレビゲームではありません。取引プラットフォームで数字が上下するのは変に思えるかもしれませんが、真剣にやらなければ、この上下で取引口座は痛手をうけるでしょう。

資金運用が救いになります。また取引の規律、忍耐、自分がどんなトレーダーなのかを知る前に、自分がどんな人間なのかを理解することも助けとなります。

FX取引のすばらしさだけでなく、複雑さを示すことを目指すこの取引アカデミーではここにあげたすべてだけでなく、それ以上のことも取り上げます。しかし何よりも、ポテンシャル、市場動向から利益を得る方法、成功したトレーダーを作り挙げるものを示すことを目指します。