テクニカル分析 VSファンダメンタル分析: 世界の出来事がどう外国為替市場に影響を与えるのか

による Andrew McGuinness     12月 14, 2017

かつては政府、銀行、無数のお金をもっている億万長者に限られていた外国為替市場は、今日では、日中取引されているアメリカ市場よりもより多くの好機を与えているため、新参の投資家にとって優れた投資ゾーンといえます。しかし、最初の取引に入ることは簡単かもしれませんが、成功する長期的なFX取引は、戦略を立て、世界の出来事が通貨換算レートの変化にどう影響するか理解しなくてはいけません。FX取引を考えているなら、最初に知っておかなければならないことは、テクニカル分析とファンダメンタル分析の違いです。そして、世界の通貨価値に大きな影響を与える可能性がある自然災害、政治的変化などの国際事情を検索しつつ、この二つの分析テクニックをどう統合させていくかを決断してください。

FX取引について言えば、市場を分析する主な二つの戦略があります。つまり、テクニカル・アプローチとファンダメンタル・アプローチです。テクニカル分析は純粋に数学的なアプローチで、テクニカル・アナリストは何十年ものデータを使って、為替サイクルの変動と変化をグラフ化します。ほとんどの通貨が価格変動のパターンを経ており、テクニカル為替トレーダーは、このデータを利用して為替売買の最も適した時期を決めています。一方でファンダメンタルアナリストは、どこにお金を投資するか決めるために、社会的、および歴史的データを使います。経済的、人類学的データは、将来どの国がお互いに貿易をする可能性があるかに利用し、買収に最も利益が高い時期を決めるために、国の間の市場パターンを分析しています。個々のトレーダーはこれら両方の戦略のある一定パーセントを使用しますが、ほとんどのアナリストは、マーケット戦略を組み立てる際、独自のデータの組み合わせを取り入れることを好みます。

トレーダー(通常はファンダメンタル・アナリスト)の問題は、ドラスティックな世界イベントが発生し、通常安定している外国為替市場を混乱させる時に起こります。外国為替は比較的予想可能です。しかし、自然災害、テロ攻撃、反乱など他の大きな世界的出来事が発生すると、市場には膨大で予期不可能な変化が発生し、一日にして全通貨の価値が暴落します。例えば、2001年9月11日に米国で起こった同時多発テロは、米国が中東における数十年の関与を始めるであろう一連の出来事の原因となり、米国の外国人投資家は突然、通貨の価値が大幅に下落したことに気づいたのです。最も知識が深い歴史ファンさえ、このようなタイプの突然の通貨シフトの動きを完全に予測することはできません。同様に、ランダムな自然災害も市場の動きに深刻に影響を与えます。

では、これら世界の出来事が取引にどう影響するのでしょうか?外国為替取引の際、衝動的に取引するのはお金を稼ぐ最良の方法ではありません。要するに、全てのトレーダーはトレーディング制限、あるいは予期せぬ出来事から財産の崩壊を防ぐ、損失を止めるためのセーフガードを組み込んだ投資であることを確認すべきです。賢い外国為替トレーダーになることとは、このようなセーフガードに時間を投資することを意味するのです。なぜなら、現実的に言えば、別の世界の悲劇はいつでも、すぐそこに迫っているからです。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。