FXトレーダーの損失となる要因は何か?

による Andrew McGuinness     6月 25, 2018

世界最大の金融市場といえば、信じようと信じまいと、外国為替市場です。この事実から、さらにより多くの人たちがトレーディングの世界に引き込まれています。新米トレーダーがよく考えるのは、自分たちもいつか成功する、そして人類にとって最大の金融市場以上に良い市場などない、ということです。

取引が比較的簡単だとはいえ、FX取引での成功も簡単かというと、そうではありません。誤った動きを取りやすく、かなりの損失に苦しみやすいということでもあります。ですから、FX経験があるけれど自分が誤った動きをしているのかに関心がある人も、まだ未熟でちょっとナイーブであるという人にも、下記にFXで損失になりやすい、もっとも一般的な原因をお伝えします。

1. ほとんどリサーチをしない

FX取引を始めて経験を積む前に、市場をはじめ、投資しようとしている企業の経歴、FX関連の最新ニュースや、成功したトレーダーが提供してくれるアドバイスをリサーチすることが肝要です。

こういったことは、リサーチするべきである基本のうちの、ほんの少しです。しかし、もし取引で成功したいなら、いつでも動けるように構え、読み、勉強し、リサーチし、分析しなければならないでしょう。取引の成功は、見かけよりも簡単ではないのです。

  2. 業者を使わない、もしくは良くない業者である

FX業者なしで取引しているなら、あなたは市場で明らかに新参者でしょう。FX業者は、どんなトレーダー、どんな取引キャリアを持ったトレーダーにも適切な繁栄をするために、間違いなくとても大切です。しかし良くない業者を利用しているなら、業者を利用していないことよりさらにたちが悪いです。

あなたに合った評判の良い業者を見つけるには、米国先物協会と米国商品先物取引委員会のメンバーである企業のみに注目しましょう。このことは、選んだ業者とあなたのお金が安全なことを保証してくれます。なぜなら評判が悪く、信頼できない業者も中には存在するからです。

  3. 練習しない

多くの取引プラットフォームが練習用アカウントを提供しているので、本当の取引をする前に練習が可能です。いわば取引のゲームのようなものです。仮説に基づいて想像上の取引ができますし、何より大切なのは、実際の取引インターフェイスに親しめるという点です。

本当のアカウントを使用する際には、一つの誤った動きが相当額の利益と損失の差をもたらしてしまいます。こういった簡単なミスを防ぐためにも、デモ口座でエントリーの練習をしてから本番に移れば、本当のお金で自分自身を信頼することができるでしょう。

  4. チャートが多すぎる

トレーダーになりたての頃は、利用可能なチャートや他の分析ツールを利用できると信じているかもしれません。しかし、必ずしもそうではないのです。FX成功者から他のトレーダーへ向けたある重要なアドバイスに、チャートを慎重に使うように、というものがあります。

どんな基準、どんな状況でもチャートをつくってしまうと、結局は開始時よりもさらに混乱するはめになるでしょう。チャートは各々で相反し、必ずあなたを逆方向に引っ張り始めてしまいます。チャートを使用するなら、分析に重要な要素となるものを選び、それに忠実に動き、結果として分かったものをいつも鵜呑みにしないようにしましょう。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。