先物取引とは

による Andrew McGuinness     4月 26, 2018

取引や投資の世界を経験するのが初めてという人にとっては、「先物取引」という言葉はあまり馴染みがないかもしれません。投資分野でまったくの初心者でない場合は、この言葉を実際に知っているか、明らかに字面から解釈しているかどちらかでしょう。解釈という挑戦に挑む準備ができておらず、トレーディング101より正確な説明と包括的なレッスンをご希望でしたら、下記が先物取引に関する、もっとも大切な事実です。

  1. 定義

先物取引とは将来、コモディティ(商品)・資産、何らかの金融ツールの売買を求める契約のことです。これは、商取引が成立する前に決定した固定価格で行われます。

  2. 市場

先物取引で成功するには、結果がどうなるかという予測をある程度立てることが必要になります。先物取引で利益を上げるには、こうした予測は明らかに、多少なりとも正確なものでなければなりません。先物取引では、契約者が高値で資産を買うときとほぼ同時期に、市場の下落を予測することが成功に関わってきます。契約者が安値で資産を売らなければならないのであれば、先物取引市場のピークを見破れば、成功する先物取引につながります。

  3. リスク

先物取引では支払わなければならない金額が、後で支払う義務がある固定価格のため、投資リスクを引き下げることができます。先物取引では予期せぬ結果にはならないので、リスクが低くなるのです。先物取引契約を締結した時に、価格と時間が定められるので、何が期待できるか分かるのです。

もちろん、サインした商取引に従わなければならない時期になって、市場がどうなっているかは分かりません。市場というのは、振り分けた自分の資産でベストな投資ができたか、出費に見合うだけの価値が得られるかを決定する、予測不能な要因なのです。

  4. 先物取引 対 オプション取引

先物取引とオプション取引の最大の違いは、先物取引は将来のある時点で売買の契約を執行しなければならないという事実です。しかしオプション取引では、従う義務のある契約はありません。その代わりオプション取引は、あらかじめ決められた時間内で投資を行うか、資産を売却するかという能力を提供します。言葉を換えれば、オプション取引は期限付きの機会を提供し、先物取引は、将来のある時点で商談を成立させなければならない契約であるということです。

  5. ヘッジング

ヘッジングは、なんとしてもうまく損失を避けるために行われます。先物ヘッジングを行うと、資産の市場現価格に応じて、最も良心的な結果が出せるようになります。

  6. 先物取引を何に使うか

先物取引は株には使用されませんが、コモディティ(商品)、インデックス、通貨に関しては比較的有益なものです。これは先物取引が、市場でレバレッジを与えることにより優勢になるためです。こういった資産には通常、高いリスクがあるのが主要原因となって、投資家は参加できませんでしたが、この高レバレッジのおかげで、投資家は市場に参加できるようになりました。株主には利用できなかった市場が、先物取引のおかげでオープンになったのです。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。