何がビットコイン価格に影響するのでしょうか?

by Andrew McGuinness     6月 29, 2018

ビットコインが今日のような高価格に届くまでは、しばらくかかりました。2009年に創設されてからの、長い道のりだったのです。しかし、正確には何が、今日のようなステイタスの達成を可能にしたのでしょうか?ビットコインの驚異的な成長と成功を形作るのに、2009年から今まで、何があったのでしょうか?下記は、ビットコイン価格が創設期から変化し、これからも変化を続けるだろうという、最重要の理由3つです。

  1. 機関投資家 

ビットコインは世界中の投資家に健全にシェアされ、重要性を得ていますが、機関投資家もまた、その成功に貢献しています。

スウェーデンの証券取引所であるナスダック・ストックホルム、ゴールドマンサックス、JPモルガンなどの金融機関はすべて、顧客向けに仮想通貨決済ネットワークを展開し、ビットコインで代用ができる商品を扱っています。その理由はおそらく、顧客の多くがビットコインを保有しているけれども、利用可能なオプションがないことにフラストレーションを感じていたためです。初めに時流に乗りましたので、これらの銀行は、ビットコインのニーズを満たしたいもっと多くの顧客が獲得できることでしょう。

  2. 政府の厳しい規制

中国と韓国における、政府の仮想通貨売買に関する規制はこれまでになく厳しいものです。しかしながら、このようなことで投資家は動揺していない模様です。こうした国々の厳しい規制は、需要をさらに増やす結果を招いただけでした。何かを利用不可能にされると、それがもっと欲しくなるということは真実なのです。

この厳しい規制と、中国・韓国投資家が利用できる仮想通貨の数量制限のために、ビットコインおよび他の仮想通貨の価格はずっと高くなっています。事実、中国ではビットコイン取引額が6,000ドルを超えたと言われています。アジアの他の国々が課した政府規制を考えれば、仮想通貨へのアクセス制限は驚くことではありません。しかし、キプロスも仮想通貨の販売、取引、使用を制限しています。

近年キプロスで起こった銀行恐慌で、キプロス政府は資金を占有できる代替を見つけることができないという結果に陥りました。この可能性を聞きつけ、キプロスの中央集権金融機関に全ての望みを失った国民はすぐさま預金を引き出し、代替銀行としてビットコインのプラットフォームを使いだしました。キプロス国民はそちらのほうが安全、または少なくとも、政府の介入するどんなものよりも安全だと感じたのです。この一連の出来事と、資金の安全保管にビットコイン投資を開始した多くの人々のために、たくさんの人たちが、ビットコインがキプロスの新通貨なりえるオプションではないかと考えたのです。

  3. 日本

つい最近、2017年秋のことです。日本はビットコインを「法定通貨」と公式に承認しました。まだ通貨というポジションを確立しておらず、技術的には資産としてのみ見なされている事実にもかかわらず、法的な決済方法として認められたのです。9月時点で、デジタル通貨取引所として11の日本企業が存在します。あとの17企業は現在、日本の金融サービス機構(FSA)のもとで審査中です。日本は今や、ビットコインの中心地なのです。

結論

ビットコイン価格と、将来見られる可能性のある金融パターンを考慮すると、心に留めておくべき要因はいくつかあります。もちろん予測不可能な要因もあれば、多くは手に負えません。私たちが考えもつかないような世界の出来事が、ビットコイン価格に影響を及ぼすかもしれません。その一方で、大規模でよく知られた投資家たちもまた、ビットコイン価格に影響を与えるでしょう。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。