FX取引が、株取引より有利である大きな2つの利点

による Trading 101     5月 20, 2019

何十年もの間、個人投資家がFX取引の世界に足を踏み入れるのは不可能でした。なぜなら、単にその垣根が高すぎたからです。投資家は取引を始めるにあたって、100,000ドル以上を支払う必要があり、それは明らかに突然リスクを負って投資をする点で、平均的な人の資産よりずっと高い額でした。今ではオンライン取引ソフトと市場でのレバレッジ使用の普及のおかげで、平均的な人がFX取引の世界に参入し、稼ぎ始めることがこれまでになく簡単になりました。

今日ではまた、株取引とFX取引では、どちらが良いのか?という質問が投げかけられています。どちらの形式の取引にも長所と短所はありますが、FXには特に初心者にとって二つの大きな利益があります。

FX取引はコミッション(手数料)が不要である。株式市場で取引する際、一般的には取引ごとに、業者にコミッションを払わなければなりません。こうしたコミッションは通常は均一料金で、大手トレーダーには動機を与え、小規模なトレーダーを深刻に苦しめる可能性があります。株取引口座の資金が25,000ドル相当を下回っていれば、取引を行うたびに損失を出すことになるでしょう。

一方でFX取引では、ユーザーに均一額のコミッションを要求しません。その代わり、トレーダーは売り呼び値と買い呼び値の差額を払い、通貨を買うほどその額が増えていきます。こうすると、均一額の代わりにパーセンテージ課金になるため、大手トレーダーへの課金額は小規模トレーダーより大幅に多くなります。この方法では、節約のために大きな取引をしようとする動機が排除され、利益を上げる可能性が高くなる保守的な取引戦略が奨励されます。現在は、投資に必要な額が少額であるほど、FX取引を開始し、株取引と同等の地位にのぼり詰めることを強くお勧めします。

FX取引は流動性がより高い。流動性とは、株・商品または通貨を売る容易性を表す用語です。FX取引市場にはすでに、固有の流動性があります。なぜなら通貨を買ったり取引したりすることで、常にトレーダーの母国の何らかの価値を維持しているからです。たとえ通貨が底値を打ったとしても(これは時に「支持」線と呼ばれます)、通貨市場が巨大であることから、再び必ず上昇します。株式には固有の価値が保有されていないことから、株取引のリスクは高くなります。例えば、仮にその企業が倒産してしまったら、その株は価値がなくなってしまいます。このことから株市場は、通貨取引市場より流動性が小さく、初心者にとってはFX取引のプロセスのほうが簡単なのです。

今こそが、FX取引に携わる素晴らしいタイミングです。とはいえ、最初の取引を行う前に、損失を避けるためにも、良い取引戦略を打ち立てたいと思うことでしょう。これは素晴らしいFX取引の教育を受けることから始まります。Trading 101口座にサインアップをし、オンラインで利用できる無料eBook、ビデオチュートリアル、ウェビナーを今すぐ必ずチェックしましょう。そして今よりも良い人生を送り、通貨取引でお金を稼ぐ準備をしてください。







ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。