FX為替レートに影響を与える5つの要因

by Andrew McGuinness     12月 20, 2017

外国為替市場の動向を予測するのは、特に初心者で、何に注目をすべきか分からないときには、必ずしも容易ではありません。FX投資を最大限に活用できるように、通貨の動向を理解できる方法はまだあるので、絶え間ない変動に迷わされないでください。

海外に送金しようが、あるいは、何千ドルもFX投資しようが、通貨を上昇または下降させる要因を知っておけば、損益の差を生むことになります。

FXとは何ですか?

FXはトレーダーにとっては単なる投資かもしれませんが、投資受入国からすると、自国通貨は国民経済の問題あるいは成功を示すものとして見ることができます。ある国の事情(投資、プロジェクト、開発、イニシアチブ)について新たな情報を入手しつづければ、予測される通貨価値の理解に役立ちますが、投資家として検討できる外国為替レートに影響を及ぼすその他の要因があります。以下は、通貨の価値に影響を与える上位5つの要因です。

1.債務

誰もが知っている要因の一つは、国家債務です。現地のメディアや国際メディアは、通常この債務を公表します。これにより、投資家は、外国資本の現在の動きを洞察することができます。国の借金が増加するにつれて、外国人投資家は資金を引きあげる傾向があります。バランスのとれた損益の配分が行われなければ、深刻なインフレが起こり、それが国の通貨の全体的価値を低下させる可能性があります。

2.金利

中央銀行は単なる通貨の規制監督機関以上のものです。中央銀行は、高い金利を課すことによって資本の全体的な流れを決定する上で重要な役割を果たしています。高い金利は、外国人投資家が投資するインセンティブになります。外国資本の急増に伴い、通貨価値とドル為替レートが上昇します。その一方で、金利が下げられる場合、為替レートの低下が見られるかもしれません。

3.安定性

投資家は国の財政的組織の血筋を引いています。企業のインセンティブとは別に、外国人投資家が求めるのは、政治的、経済的安定です。企業が可能な限りベストな環境で繁栄したいのは当然のことです。最低限のリスクと最大の利益をもたらす国は、外国投資の最良の根拠となります。

例えば、市民の暴動や革命のような政治的出来事は、企業の成長にとって弊害をもたらし、企業による国への投資を遠ざける可能性があります。

4.インフレ

インフレ率が高い実績をもつ国では、通貨価値が下落することが一般的に知られています。一方、インフレ率の低い国では、その通貨の購買力が他国と比較してより強力になるため、通貨価値の上昇が見られます。

見るべきところを知っていればインフレの予測は簡単にできるときがあります。賃金、輸入価格、税金、原材料価格などの要因がインフレ率に寄与することがあります。住宅価格や流通している総貨幣量などの他の経済的要素もインフレ率に影響を与える可能性があります。

5.投機

俗説のようなシンプルなものが、通貨の為替レートに影響を与えます。例えば、金融専門家が通貨価値の上昇を予想した場合、投資家もそれに従うと予測されます。その結果、投資家が急増し、その通貨に対する需要増加から為替レートの上昇に影響を与えることになります。

取引に最適な時期を知っておく

他の人々は、FX取引は大きく運によるものと推測する一方で、投資から損益を予測する確実な方法があることを示しているこのような要因もあります。投資を安全にするため、外国為替の最良の事例について洞察を深めるため、国内・国際政治の動向について読む習慣をつけて下さい。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。