変動が激しい市場に対する4つの戦略

by Trading 101     12月 31, 2018

ここ一年以上、株式市場は成長と利益に関しては安定していましたが、最近は変動が激しくなり、価格が急上昇するようになっています。多くの投資家がひどく興奮してパニックに陥り、ここ数か月の市場の遅くて安全なペースに慣れてきています。世界経済では、さらに多くの国々のGDPが上昇し、マクロレベルで変化が起こっていることは、すでに基礎講座ですべて習ったことでしょう。雇用率がここ十年、主要な国々で常に高いことに加え、迅速に進化する市場となっているのです。

こうした経済のシフト期であることから、このような不安定な時期に前進できる、最も便利な戦略を下記に挙げたいと思います。

1.有配株

アメリカは経済成長を促すため、ここ最近になり、政府戦略の一環として税率の引き下げを行っています。つまり、強力な配当の可能性が増したということです。長期債に変更はないものの、配当への見込みは増しています。このことは、こうした状況でも有利であることを証明しているAmerican Century Equity Income Fund(TWEIX)やAmerican Funds Washington Mutual Investors Fund(AWSHX)のようなファンドに資金を投資する、守備的な戦略と相性が良いです。この二つの代替として良いのはVanguard Dividend Appreciation Index Fund(VDADX)で、良い配当率を供給し、取引の基礎講座を終えた人なら誰にでも良い価値を供給してくれます。

2.リスク削減

非常に低リスクな性質を持ち、数字でそれを証明しているファンドもあります。良い例はVanguard Short-Term Tax Exempt Fund(VWSTX)です。そのほかではVanguard Wellesley Income Fund(VWINX)です。これらは1.32%から3.26%の収益をもたらし、市場で最もリスクが低いと考えられています。VWINXは特に価値がある株と質的な債権から成り、良いバランスとなっています。株を調査する守備的な戦略の最後に挙げるものとしてはFPA Crescent Fund(FPACX)です。これは過去、守備的な戦略と攻撃的な戦略を混合させることにおいて特に熟達しています。

3.選択的なインフレ・プロテクション

債券に多くを投資している投資家は、インフレと金利の組み合わせの結果、資金の全体的な損失には弱いものです。金利はインフレのために上昇し、税金とは相性がよくありません。Pimco Commodity Real Return Strategy Fund(PCRDX)のようなファンドはインフレによる影響で、8.54%の提供にも関わらず、債券への投資にはリスクが伴います。VTIPXも同様ですが、より低い1.5%の収益で、はるかに低い経費率をもたらしています。

4.小さな資本価値

ドットコム(インターネット)ブームが公に終わりを告げ、インターネットがただの他の商品になったことから、テクノロジー系に投資している投資家がコース変更をするのなら今です。資本価値の大きい株は現在、過去10年以上にわたって不適合なマージンにより、資本価値の小さな株よりパフォーマンスに優れています。ここで路線変更を考慮できるオプションは、Royce Special Equity Fund (RYSEX)、 the Vanguard Small-Cap Value Index Fund (VSIAX) または the American Beacon Small Cap Value Fund (AVPAX)です。

上記4つの戦略は、世界経済において市場が変化とトレンドに調整を行うことから、今日の市場の急変動を乗り越えようとしている投資家に役立ってくれます。こうした計画の大切な部分は、長期で物事を考え、市場がどんなに変動しようとも上手く乗り切れる頑丈なポートフォリオを作成するために、ポートフォリオを多様化することです。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。