FXトレーダー全員が知るべき、3つのファンダメンタルズ分析の指標

by Trading 101  //  2月 04, 2019

FX取引では、ファンダメンタルズ分析とは経済・社会・政治や、通貨に影響を与える可能性がある他の指標を研究するプロセス、通貨価格の上昇・下落、市場で他の通貨に対してどのように取引が続いているかを示します。FX取引のファンダメンタルズ分析では、特にまだ経験済みの真のFX取引戦略を打ち立てていない新米FXトレーダーの場合、上手くいく取引プロフィールをつくることが大変重要です。しかし、戦略を発展させる前に知るべきことがあります。FX取引の舞台を理解するのに役立つ基本的な用語を知り、追跡したい通貨ペアのファンダメンタルズ分析を首尾一貫して行わなければなりません。下記に挙げるのは、最もよく使われる3つのファンダメンタルズ分析指標です。FX取引を始めようとしているなら、必ず覚えておきましょう。

生産者物価指数(PPI)。PPIは、国内生産者やサービス提供者の視点に立って、長期的な国産品とサービ価格の長期的な変化を測定した指標の一種です。アメリカ合衆国のPPIは膨大な範囲で国内の商品やサービスを監視し、アメリカ政府は毎月10,000 PPI以上の評価基準からなるレポートを、毎月発表しています。こうしたPPI基準は、販売者の視点から、長期間の商品やサービスの価値を追跡するのに役立っています。ある国のPPIは、どの商品、サービス、産業が近い将来に成長するか判断するのに便利で、通貨に付随する国家を基本とした、通貨の相対的な経済力を示す上で役立ちます。

消費者物価指数(CPI)。CPIは、市場で消費者が商品を購入するために支払わなければならない価格の可能性を測る指標の一種です。地元のニュースで「インフレ」という言葉がでる時は、ほとんどの場合、CPI全体の商品価格全般が上昇トレンドになっていることを言っています。CPIは、消費者が日常的に買うガソリン、パン、車などのような商品やサービスを日々追跡します。また、「ヘッドライン・インフレ」と呼ばれるときもあります。

国内総生産(GDP)。国家のGDPは経済の健全さを測る指標として、もっともよく取り上げられるものの一つです。その国でつくられた完成品の全商品、および全サービスの価値をすべてつなぎあわせた合計です。その国のGDPは、商品やサービスの輸出でどれだけ稼ぐことができるか、という感覚を得るための数値の比較なので、大切なものです。GDPが高い国家ほど、それに従って通貨価値も強くなります。

FX取引プロフィールを追求する際に興味を抱いた国々の金融や政治的ニュースに注目することで、トレーダーとして成功するか、失敗するかが決まります。新米FXトレーダーが、取引の冒険で成功を確実にものにするために役立つこととして、まずできるのは、偏見がなく包括的な国際ニュースのソースを見つけることです。BBC、ファイナンシャルタイムズ、アルジャジーラ・ニュースは、どれも手始めとして最適です。また、FX取引で特に興味のある国の国内政治ニュースソースもフォローするとよいでしょう。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。

アカウントを開く