FX取引時において為替レートに影響を与える3つの要因

による Andrew McGuinness     4月 02, 2018

FX取引の世界への旅を始めたばかりの人は、いつも与えられる情報の量にすでに混乱しているか、圧倒されている可能性が高いでしょう。学ばなければならない特別な専門用語(「キャリー取引とはとにかく何ですか?」)からチャートを読む能力に至るまで、教育に焦点を当て、最初の取引を始める前でさえ市場に参入するための準備にかなりの時間を費やす必要があります。FX取引にはいくつかの利点(世界中のどこからでも取引ができることや取引時間の延長)がありますが、いくつかの質問を残す複雑なルールや規制も時にはあります。FX取引希望者がもつ最も一般的な質問は、何が為替レートに影響を与えているのか、つまり、なぜいくつかの通貨は他の通貨よりも価値があるのか?ということです。すべての既定通貨の価値に影響を与える多くの要因がありますが、ここでは通貨の為替レートに影響を与える最も重要な3つの要素を紹介します。

物価。何よりもまず、国の通貨の価値を決めるのは、その国が生産する商品と輸出の価値です。ある国が需要の多い天然資源を大量に有し、常にそれらを輸出している国では通貨価値はより強くなります。なぜなら、その国の経済は、高料金でこれらの需要の多い商品を購入しなくてはならない他国に比べ、より好調に成長しているためです。今日、需要の多い商品には、シリコン(市場を埋め尽くしている大部分のハイテク機器で使用されている)、石油、そして最近では銅が含まれます。一方で、ある国の主要輸出品が一般的で安価なもの(米、トウモロコシ、その他の穀物など)であると考えられる場合、その国の通貨の価値は、より低くなる傾向があります。なぜなら、自国通貨の強さにおいて、需要の多い、高額な商品を有している国ほど大きな外国からのあと押しを得ていないからです。

企業の動き。­世界の大企業の大多数が最も強い通貨価値を持つ国に集中していることは偶然ではありません。Apple(本拠地:米国)、 Honda (本拠地:日本)、Nestle(本拠地:ヨーロッパ)は本社を戦略的に配置しています。これら3つの企業は異なる国に位置していますが、各企業の取締役会は自国の政策と労働力が自分たちのビジネスにとって最善であると判断しています。ある意味で、これは実際には、その国自体を証明することになります。なぜなら、大企業は世界各国へ輸出できる需要のある商品を生産しているためです。仮に、ある日Apple社が米国を離れてオーストラリアに移転するというニュースが出れば、米ドルの価値は急落し、豪ドルの価値が急上昇することが予想されるでしょう。

国内政策。歴史学の授業を受講したことがあるなら、一部の国が他の国よりも貿易にオープンであることに驚きはしないはずです。貿易を先導し、国家債務の削減に焦点を当てた政府を選ぶ民主主義は、通貨の価値が上昇する可能性が高くなります。一方で、ベネズエラの社会主義体制の選挙の例のように、自国の境界線を閉鎖し、輸出への参加を拒否する国は、より価値の低い通貨になると予想されます。2010年以来、ベネズエラのボリバルは価値が崩壊し、今では以前の0.1%の価値に過ぎません。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。