FX取引で米ドルの価値に影響する3つの経済的要因

by Trading 101     9月 05, 2019

アメリカドル(USD)はFX取引の領域において、群を抜いて大切な通貨です。専門家の見積もりによれば、USDはFXの取引高の半分を占めているからです。通貨として、長い間どんな劣悪な経済環境にも持ちこたえてきたので、USDは世界で最も強い準備通貨の一つで、ほとんどの取引でデフォルトの準備金としてさえ考えられています。しかしその強さにも関わらず、ドルの力に影響を及ぼしかねない要因もまだ多数存在します。どんな要因がUSDの価値の上下に貢献しているか理解しておくことは、結果的にさらなる利益または損失を生み出すFX取引の変動を正しく予測する上で、大変重要です。USDの価値に最も影響する3つの要因は、下記の通りです。

国内総生産。国家の国内総生産(GDP)は、その国内において現在保有されている全商品・全サービスの総価値のことです。つまり、万一全ての商品または全ての技術が突然売却された場合、GDPはその国が持つことになる金額の総額となります。高いGDPは強い経済を示します。本来、商品やサービスの生産が増えれば、生産に対する経済的必要性が増えている意味で、そのために商品が売られるのです(国内外問わず)。反対に、低いGDPはドル安に相当します。なぜなら、FX取引に関わっている他の国と比べて、USDは繁栄していない経済の代表でもあるからです。米国のGDPは、ドルの価値に多大な影響を与えます。

失業率。国家の失業率はパーセンテージで計算され、次の質問をします。現在、国内で雇用先を探している成人全員のうち仕事が見つからないのは、何パーセントなのか?高い失業率は経済活動の低迷を意味するため、ドルの価値にとっては有害です。このように考えてみてください。雇用者が減った場合、生活必需品以外にお金を使いたくなる確率は低くなるでしょう。大きな産業に波及効果は広がっていきます。そうした産業では利益が得られないからです。失業率が高くなると、米国内で売られる商品やサービスが少なくなるため、少なくとも失業率が再び低下するまでは、FX取引でドルの価値を下げ、ドル安となります。

インフレ率。インフレ率は価値が下がる前兆であるため、ドルの価値を下げる要因としてはどれほど大きいものではありませんが、大切なことに変わりありません。インフレは価格全般の上昇です。例えば、1ガロン(約3.78リットル)のガスは、1950年には約18セントでしたが、今日では全米平均で、およそ2.50ドルです。価格が上がると、消費者は買うことを控え、財布のひもをきつくしてしまうことから、経済全体の力が弱まります。インフレ率が最高値のとき、FX取引におけるUSDはドル安で、の力は低いままであると予想しましょう。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。

anonymous richard mille replica 45% off replica horloges why not find out more replica watches mens replica watches.