取引の心理

by Trading 101  //  3月 11, 2019

ミスは、FX取引をすれば当然起こることです。突然価値を下げる可能性のある通貨を購入するかもしれませんし、通貨が突然、高値に達する前に売却するとか、欲を出しすぎて、築いてきた利益を最後には失うはめになるかもしれません。初心者トレーダーから、熟練の取引のベテランまで、誰もがFX取引のキャリアのいずれかの時点で深刻な取引のエラーを犯します。一番大切なことは、ミスそのものではなく、回復し、学習し、そこから学ぶ方法です。実は、実際の間違いはあまり問題ではなく、FX取引投資家としての対応方法が成功を左右します。次に挙げるのは、FX取引でミスをした後、効果的に回復し、将来は同じ誤りを避けるようにする3つのことです。

ステップ1:態度を変える。この方法は言うが易し、行うが難しとわかっています。FX取引ベンチャーで損失をだしたら、まずそういう状況に陥る原因となった自分を殴りたくなるかもしれません。その代わり、態度を変えて、この種の間違いは誰にでも何らかの時点で必然的に起こると理解しましょう。自分のミスは失敗ではなく、成長の機会と見なしましょう。

ステップ2:ミスを特定する。市場で犯したミスの根本原因を見付けるために、できるだけのことをしてください。これは、考えているほど明らかではないことが多くあります。例えば、ミスの原因は自分の取引戦略の規則を守らなかったせいだといえます。なぜ道を誤ったのでしょうか?損をするのを恐れたためとしましょう。しかしそれでは、このような恐れを抱かせる原因は何でしょうか?この場合、取引戦略のリスクが高すぎるか、通貨トレンドに対する研究が不十分である、ということを示しているのかもしれません。いずれにせよ、幾重にもなったミスの特定が、行動を正す方法に気づく鍵です。

ステップ3:ミスの結果を記録。結果は本質的にマイナスというわけではありません。実際、取引ミスで生じたプラスの結果とマイナスの結果を上げることが、ミスを正す上で最も効果的な助けとなるはずです。マイナスの結果には資本を失うことが含まれる一方、プラスの結果は教訓の形ででてきます。リスクを減らし、戦略を調整するか、個々のFX取引の動きに対する投資額が資本全体で占める割合を下げる、ということを学ぶことでしょう。この結果も記録してください。

ステップ4:ミスを正す行動を取る。ミスを犯すとは、行動を正すことです。失敗の後に何の行動もとらなければ、ミスを繰り返して、さらに資金を失うでしょう。戦略を調整し、ブローカーを変更するか、FX取引の舞台について学ぶ時間をかけて、同じ失敗を犯さないようにします。

FX取引のミスは、市場に取り組む上で避けられない部分である一方で、無用に金を失うのを回避するため、できる手立てがあります。FX取引のミスを防ぐ最善の方法は?ビッドボタンに触れることを考える前に、正しい教育を受けることが、将来を確保し、プロらしい取引を始めるため、FX取引の新米投資家ができる最善のことです。







ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。