初心者向け最高のFX戦略

by Anthony     12月 30, 2019

FXは取引を始めるにあたって圧倒的な市場となる可能性があるものです。規模が大きく、厚みがあるため、多様な戦略がFX市場とコミュニティーで普及しており、圧倒的なものとなりえます。戦略名があまりにも複雑で、それを読むだけで頭痛がするようなものであることが多く、また別の時には、複雑で入り組んだものであるため、ほんの数人の選ばれた者を除き、本当に実行する方法は誰も知らないように見えます。

こういった戦略は、FX取引基礎ガイドでは通常、取り上げられません。一般的にコンセプトを説明できるものですが、実際に戦略を実行するとなると、欠けてものがでる傾向があります。フィッシャー戦略、FX Puria方法、移動平均線FX戦略のような言葉は、ほとんどの初心者にとって、一連の互いに結びついたランダムな投資関連用語でしかないように思われます。

もちろん、徐々に、こういった用語が意味をなすようになり、初心者トレーダーは初心者でなくなり、理論や市場慣行に深くかかわるようになります。

どんな戦略を初心者は使うべきなのか、というよくある疑問が生じます。

他のあらゆるタイプの取引のように、このジレンマに直面する者すべてに当てはまる明白な回答はありません。個人的な嗜好、取引スタイル、取引期間、資本規模など、あまりにも多くの変数があります。

その代わり、戦略の策定方法を細分化して、トレーダーがこの構成要素を使って、自分にあった戦略を作り出せると考えることができます。

戦略は多数の方法で分類できます。これに対する一般的なアプローチの1つが、取引時間に基づいたものです。

  • 1) 短期

短期戦略は通常、1日以内のポジションのオープンし、クローズする戦略です。時折、この戦略には数時間の通貨ペア保有が含まれることもあれば、1分以内に戦略が実際されることもあります。

  • 2) 中期

中期戦略は、数日から数週間、アクティブポジションを保有する戦略です。この戦略は一番フレキシブルな戦略となりやすいものですが、多くの研究と作業も伴われます。

  • 3) 長期

長期戦略では、一週間から数ヶ月間、ポジションを保有します。時間投資という観念では、長期投資は最低であり、投資家に求められるのは、市場とその動きに対して消極的に見続けることだけです。

戦略を分類するもう1つの方法は、リスクのレベルによる分類です。

  • 1) 保守的

保守的な戦略では、最小限のリスクを取ります。典型的な安全策です。

  • 2) 穏健

穏健戦略は、中ぐらいのレベルのリスクを負うものです。無謀な点は何もありませんが、完全に安全なものでもありません。

  • 3) 積極的

積極的戦略は、最大の利益を追求するため、わざと高いリスクをとるものです。FX取引では、この戦略には、エキゾチック通貨ペアの取引と、通貨価格に影響をあたえかねない地政学的な出来事に目を向けることが含まれます。絶対に、気の弱い人には勧められません。

戦略分類方法は他にもありますが、この分類法が取り扱う範囲が一番広く、初心者にとって最も筋が通るものです。新米トレーダーに対しては、無謀なことはせず、ゆっくりとシンプルに始めることをお勧めします。新米トレーダーが取引を行う前に考えなければならない情報が多ければ多いほど、圧倒されてしまい、ミスを犯す見込みは高くなります。

保守的または穏健なレベルのリスクを負う中期的または長期的な取引戦略が、新米トレーダーには筋が通ったものです。こういったレベルのリスクであれば、トレーダーは分足チャートを使って、数ドルの利益になりそうな数ピップを求めて半狂乱になってコンピューター上で慌てる必要はなくなります。

シンプルな戦略は、それに従って実行するのが最も簡単な戦略であり、コンピュータを使って、自分の代わりに自動的に取引をする自動取引もできます。中期で穏健なリスク戦略を採用しながら、2ヶ月取引するのが、さらに複雑なものを求める前に、落ち着ける十分な時間をあたえてくれるように思えます。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。