最も価値のある5つのアルトコイン

による Andrew McGuinness     6月 11, 2018

ほぼ10年前になる2009年に、最初の仮想通貨としてビットコインが市場に登場したとき、誰も仮想通貨がどれくらいの価値になるか予測できませんでした。しかし、それ以来、デジタル通貨の世界は大成功を成し遂げています。

失敗に終わったコインや、仮想通貨革命の間に失敗し続けるコインもありますが、今日市場にあるアルトコインの数のなかで、少なくともいくつかの失敗は明らかに避けることができません。ようやくビットコインに挑戦し始めている最優秀コインは別の話です。ここに現在、デジタル通貨市場で最も価値のあるコイン5種を紹介します。

1.ライトコイン(LTC)

ライトコインは、マサチューセッツ工科大学卒業生で、かつてGoogleエンジニアであったチャーリー・リーによって2011年初めて開発されました。ライトコインは、仮想通貨の初期段階に登場し、2009年にビットコインが市場にでた2年後に出てきました。ライトコインは、取引を行うためにオープンソースのグローバル決済ネットワークを使用しています。ビットコインと非常によく似ていますが、最初の最も価値の高い仮想通貨よりも、取引の処理時間が短縮できます。日に日に、より多くの小売り業者が支払い方法としてライトコインを受け入れ始めています。

2. イーサリアム(ETH)

イーサリアムは2015年に開始されました。他の通貨とは違い、スマートコントラクト(契約の自動化)が利用できるプラットフォームです。これらのコントラクトは、業者と消費者の双方に安全性を保証し、これまで欠けていた説明責任、コントロール、および安全性の機能を仮想通貨に提供しています。2016年には、イーサリアムとイーサリアム・クラシックの二つに分けられました。イーサリアムの時価総額は414億ドルで、ビットコインの後に継いでいます。

3. ジーキャッシュ(ZEC)

2016年後半に確立され、仮想通貨ゲームではかなり出遅れたジーキャッシュは、かなり価値あるものになったもう一つのアルトコインです。ジーキャッシュが仮想通貨にもたらす特別なものは、例えばトランスペアレントな方法で取引を行えるプライバシー機能です。ブロックチェーンのプラットフォームでは、すべてが記録されることになっていますが、ジーキャッシュを使用する時は、受信者や送信者などの情報は匿名で保持されます。このアルトコインは、仮想通貨の分野におけるセキュリティと安全性の向上のために、多くの貢献をしています。皆さんが取引をするにあたって、特に匿名性とプライベートな方法を探しているなら、ジーキャッシュは間違いなく興味の対象となるでしょう。

4.ダッシュ

ダッシュは、ジーキャシュと同様、かなりのプライバシーと匿名性機能を提供しています。この通貨は、可能な限り、目に見えないまでに近い仮想通貨を開発しようとしていたエヴァン・ダッフィールドにより2014年1月に開発されました。この通貨は、支払いがほとんど追跡不能な方法で処理される、分散型マスターコードネットワークを使用しています。もともと、ダークコインと呼ばれ、2015年3月にデジタルキャシュの名をとってダッシュに改名されました。この名前は、最初の開発以来変更された唯一のものです。もとのダークセンドとInstantXの機能はそのまま残っています。

5.リップル(XRP)

リップルを使用すると、即座にまた安価に支払いを送ることができます。リップルは、銀行の手間が少なく、所要時間も短く、そしてお金も少ない取引を国際的に受け入れる能力を生み出しました。リップルは2012年に初めて市場に参入しました。それ以来、時価総額は12億6000万ドルに達しました。ビットコインやアルトコインと違い、マイニングを伴わないという点で、このリストの他の通貨とは異なります。これによりリップルは、広範囲な計算能力の関与なしに、テクノロジーの世界に可能な限りの変化をもたらすことを可能にしています。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。