2018年にビットコインがこれまでになく強くなる4つの理由

by Trading 101  //  11月 26, 2018

仮想通貨が見たこともないレベルにまで価値を上げて以来、2017年12月に比べると、ビットコイン価格が大幅に下落していることは公然の事実です。ビットコインがピークに達し、5年ほど前のように無名に落ちぶれてしまうまでにあと数か月だろう、と信じる人がいる一方、そういうことから、全パフォーマンスの測定基準は反対側を向いています。事実として、ビットコインがこれまでになく強くなり、先々に明るい未来をもたらすことには議論の余地があります。2018年に、ビットコイン基礎知識として知っておく必要があることを見ていきましょう。

1)ユーザー基準が成長している

ビットコインは、毎日の取引総数で大幅な上昇トレンドとなっています。他に活動を正確に測る測定基準がいくつかありますが、取引総数は最もストレートで大切です。全体のトレンドは成長に向かっています。

もしビットコイン取引の基礎知識リサーチをコツコツとやっているなら、最近になって取引数が減っているのをご存知でしょう。これは、ますます有名になっているバッチトランザクションが認められ、個人の取引がさらにインパクトを強めながらも、全体の取引価値を下げてしまっているのです。

考察すべきトレンドの一つは、価格と取引価値との間にある関係性です。価格が上下に変動すると、総取引価値も同様に変動します。つまりビットコインの価値が上がり始めると、ボリュームも再び上がるだろう、ということです。

  

2)ノードはどこにでもある

ノードとは、取引確定を行い、ブロックチェーン・ガバナンス・プロトコルに純粋に基づいていることから、ブロックチェーンネットワークで非常に大切なものです。ユーザーはフル・ノードになるか選ぶことができ、自身の取引を有効化させるように使うこともできます。

さらなるノードがネットワーク上に存在するほど、さらにビットコインシステムが分散化します。分散化が高まるほど、ネットワークの安定性と安全性レベルもまた高まるのです。

今や12,000を超えるノードが世界中に広がり、2,700は米国、2,300は中国、そしてほぼ2,000がドイツからです。気づいておくべき面白い点は、中国は最近になって全種の仮想通貨を厳しく取り締まっていながら、ビットコインのノードでは第2位になっている点です。

  

3)ビットコインは全ての局面で成長している

ビットコインが主なメディアと金融機関からの注目をあびたために、ネットワークには大量のユーザーと取引ボリュームが押し寄せています。このことが、取引所の取引手数料として課される額の急増原因となる、極度に込み合ったレベルにまで達し、全ブロックチェーンのスピードを遅くしています。

2017年末には、ビットコインは追加の搭載を操作するため、インフラをグレードアップする方法としてセグウィットを適用しました。セグウィットは、ブロックチェーンの各ブロックがより少ないデータを保持することを可能にし、取引スピードを再び速め、その見返りとして、予見できるほど近い未来に取引手数料を安くする予定です。

セグウィットの実行はさらなるテクノロジー開発に集中し、将来的により良いサービスを提供することを促進しています。これはつまり、2018年にはより早く、より安く、よりプライベートな取引になることが含まれます。

  

4)ビットコインのブロックチェーンはかつてないほどパワフルになっている

仮想通貨では、ネットワークのハッシュレートとは、毎秒どれだけのテラハッシュが実行されるかを決めるために使われます。それは毎秒、何兆のハッシュが実行されるかということです。専門的でない言い方をすれば、ビットコインのネットワーク上でどれだけの演算力が使われているか、ということです。

ビットコインは2018年3月の時点で、毎秒2200万テラハッシュ周辺です。セキュリティの専門家は、ビットコインが鎮座しているブロックチェーンをしのぐ演算力は、現在のところ存在しないと述べています。

このことが、世界でビットコインを最も丈夫で安全な仮想通貨およびブロックチェーンにしたてあげているのです。どの国家も企業も、自身の演算力で打ち負かすことのできないレベルの演算力で、ビットコインは必ずやその位置をキープすることでしょう。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。

アカウントを開く