ビットコインは再び急上昇するか?

by Trading 101     12月 17, 2018

ビットコインは金融業界と全タイプのメディアで、この1年間大きな注目の的となっています。2016年に波風が立ち、ビットコイン価格が10,000ドル以上のカテゴリーに突入した2017年に本当に発展して以来、ビジネス界で最もわくわくし、最も誤解され、最も話題に上っています。23年前、ビットコインは従来の取引の基礎知識の実践者に、ただ一蹴されていたものでした。

今日では、他の従来の取引タイプと同じレベルの真剣さをもってカバーされています。ビジネスの視点で、情報とデータが扱われる方法を根本から変えてしまう可能性を持った、ビットコインの根底にあるブロックチェーン技術のために、ビットコインは革新的なのです。ビットコインは、コンセプトにおいてはシンプルなものの、アプリケーションではより複雑です。コンセプトは、ビットコインはインターネット向けのお金で、突き詰めていくとデビットカードと同じようなものと考えられています。つまり、商品およびサービスに支払うことができ、アカウントを持てば他の人に送金ができるというものです。

もちろん、ビットコインはそれよりずっと複雑で、ものを売買するのに使う以外では、とても異なる価値を持っています。価値が変動しやすく、数時間のうちに劇的に変わることから、ビットコインは第一に投資機会として見られています。ビットコインが2017年に急騰したように、再び急騰するのかどうかという質問は、ビットコインの基礎知識をリサーチする価値があるかどうかを決定するため、答えようとする者全員にとって大切な問いかけです。

  1)ビットコインの歴史的な変動

ビットコイン価格の変遷を見ると、2013年以来、大幅な急増が多く見て取れます。ビットコイン急騰に影響を与えているように見える主要因の一つは、ビットコインを取引している取引所 の安定性にあります。コインチェックやマウントゴックスのように、取引所側のミスが大幅に下落を招いたという例もいくつかありました。

ビットコインの背後にいる開発者が、ビットコインを統制するブロックチェーンへの技術的改良の重要な発表および展開を行ったことで、ポジティブな変動があったときもあります。ビットコインがポジティブなPRを専門家から受け取ったときはいつでも、同様のことが言えます。もちろん、これは他のどの取引商品にも言えることです。

  2)外的要因

ビットコイン価格と、再び急騰するかどうかを考慮するには、他にいくつかの重要な要因があります。ビットコイン背後にあるテクノロジーの管理以外に横たわる要因です。この質問を見る最も基本的な方法は、需要と供給です。現時点でまだ不明確である大きなコンセプトは、一度ビットコイントークンがマイニングされ、通貨数がいつでも総合で何枚流通できるかを決定づけるソフトキャップ(ICOが成功したといえる下限金額)に達したら何が起こるか、ということです。

20%以下のビットコインがまだマイニング可能で、2100万枚の上限に到達したらどうなるか、という質問が残っています。専門家の中には、ビットコインの背後にいる人々が、全マイナーの損失の制限またはリスクを上げさせられるだろう、と信じる人もいます。そのことは、ビットコインのエコシステムにとても大切なことです。他の専門家では、供給が最大限に達したら、需要と供給の不均衡が、ビットコイン価格を再びアグレッシブに急騰させるだろう、と信じる人もいます。

政府の規制は、一般的に市場がどう動くかを見る良い指標であることから、注目すべき他の外的要因です。政府が厳重に取引を取り締まり、厳しい規制を課し始めたら、魅力的な特徴の一つが失われるために、ビットコイン価格が大幅に下落する可能性が高いでしょう。一方で、ある政府が仮想通貨への切り替えを支持し、自国でこのテクノロジーの使い道を模索していれば、ビットコインおよびアルトコインに前例のないレベルの信用性を与えてくれます。







ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。