取引を改善する根本原因解析方法

by Trading 101     2月 25, 2019

どんな時でも成功する取引戦略はありません。このことは株式取引にも、FX取引の世界にもあてはまります。取引が悪い方向に向かう可能性から自分を守るため、予防手段をとることはできますが、時には損失を出したり、FX取引戦略が失敗に終わったり、当初予想したほど取引で稼ぐことができない状況を生む珍しい状態に陥るでしょう。この種の問題は、特に希望にあふれたFX取引初心者にとって、いらだたしいものとなる可能性がありますが、学習体験と同様の価値があるものとなる可能性もあります。優秀なFX取引専門家は市場で予想外の問題にであった時は、根本原因解析によって、戦略を回復し、市場の新たなシフトに対する備えがうまくできるようになって、損失を最小限に抑え、同様の状況で自分を守ることができるようになると、確信しています。

「根本原因解析」というフレーズは、FX取引で誤ちを犯して失敗するはめになった問題の原因は何かを特定するために利用できるシステマティックなプロセスを述べています。根本原因解析の背後にある基本原則は、FX取引または株式取引の過ちを扱うだけでは、資金と投資を完全に守ることはできないという考えです。むしろ、問題を発生させた「根源」を見つけるためには、問題の発生に至った幾重もの原因を分析するために時間をかける必要があります。その後、問題の根本原因を特定できるようになった後、次に、前回は失敗に至った同じ問題、取引、または指標にでくわした時に、同じ状況に陥るのを回避する手段を講じることができます。

根本原因解析を行うためには、早すぎるか遅すぎる通貨もしくは資産の売却、または予想通りの成長を示さなかった通貨への投資の原因となった要素を検討する必要があります。奇妙な出来事が複数ある時は、普通、FX取引戦略に問題があるのではありません。問題が複数起こった場合は、使用しているファンダメンタル指標とテクニカル指標を再検討し、指標を調査して失敗の原因をさぐる価値があります。むしろ、常に自分自身に「なぜか?」と問いかけて、感情による心理的な要因のために、誤った取引に至ったのではないかと、考えてください。

問題は感情によるものかもしれません。誰でもいいので、ベテランのFX取引専門家に質問すれば、その人は、最高にスマートな取引とは、感情を取引戦略から閉め出し続けることだと喜んで教えてくれるでしょう。残念ながら、この方法は言うが易し 行うが難しであることが多いのです。ろくに考えもしない取引を生み出すことになった感情を分析すれば、将来、同じ間違いを避ける役に立つでしょう。たとえば、どのような感情のために、過去にまずい決定をしてしまったか自問自答してください。欲にとらわれて、価格の頂点で売る代わりに、価格の上昇を待つ決断をしたのでは?それとももしかすると、価格は再上昇すると取引戦略が示しているにもかかわらず、恐怖にとらわれて通貨を売却してしまったのでは?取引の底にある感情を検討すると、将来、この感情に対抗する計画を準備する助けになるでしょう。

心理的な問題もあるかもしれません。ゲーム前の儀式がある予測不能な野球のピッチャーのことを考えてください。ルーティーンの一部が欠けたため、ひどいゲームにしてしまったり、丸一シーズンを棒に振りさえした選手にまつわる都市伝説は無数にあります。同様に、その日の取引を始める時は、必ず正しい心理状態でいるようにしてください。ポジティブな態度の力は絶対に過小評価できません。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。