ゲーム理論をビジネスでの利点に利用する方法

by Andrew McGuinness     9月 03, 2019

ゲーム理論は、数学、心理学、哲学などのいくつかの分野で利益のために利用されてきました。ゲーム理論の研究成果により、ノーベル賞がもたらされ、正確には8つのノーベル賞を受賞しましたが、私たちの日常生活に関係があるのでしょうか?具体的には、ビジネスの世界でゲーム理論を利点として利用する方法はあるのでしょうか?

1. ビジネスにおけるゲーム理論の例

ビジネスの世界におけるゲーム理論の使用の最も一般的な例は、寡占のなかにあります。この市場のビジネス構造の中では、企業は大多数の企業が合意した共通の価格で解決するか、あるいは競合企業の価格と競争する、より低い価格を提供する可能性があります。通常は、グループ内のメンバー全員が競争するのでなく、協力して同じ動きをとることに重要性が置かれます。しかし、一度ある企業がグループから外れることを決意し、利用可能な競争のチャンスを利用しようとすると、他の全ての企業は損失を被るか、厳しい競争の後に続いていくことになります。

2. ゲーム理論のメリット

決定分析はゲーム理論の一部分を成し、ビジネスの一部を運営または形成している人たちが、自らの幸福のために最も完璧な決定を下すと同様、他人の動きを見抜くことを可能にしてくれます。

ゲーム理論は、ビジネスの無数の分野で利用することができます。いくつか例に挙げると、オークションの戦術、マーケティングキャンペーンの戦略、投票スタイルなどに役に立ちます。意思決定の際に関係する全ての関係者や要素を考慮に入れるためには、ゲーム理論が理想的です。

3. ナッシュ均衡

ナッシュ均衡は、戦略の大幅な変化から特別な利益を得られないとき、市場が安定している間に決断をする際、考慮しなくてはならないことです。競合企業とあなたは、平等な立場にあると見なされ、どちらも現在の安定性を危険にさらすような変化に傾いているようには見えません。しかし、ナッシュ均衡の場合、あなたとあなたの競争相手がつくる環境は協調的ではありません。

ナッシュ均衡は、非協力的競争に焦点を当てます。競争相手が違反する可能性を踏まえ、最悪のシナリオを当然のこととして考慮します。言い換えれば、ナッシュ均衡は、最悪の場合に備えて準備するだけでなく、利益にも使うことができます。

ナッシュ均衡のよく知られている例には、因人のジレンマがあります。このジレンマでは、競争相手の思考プロセスを意識、あるいは協力できずに意思決定が行われます。このため、自分の思い込みと予測をすることが強制され、それらに応じて行動しなければなりません。

結論

ゲーム理論は数え切れないほどの分野で使われており、現在ではビジネス分野で特に役に立つことが分かっています。成功するビジネスををつくりあげ、市場で成功するチャンスを与えるために、考慮するべき無数の要素があります。その中で最も重要なことは、競争相手として仕えている他の企業です。ゲーム理論は、競争相手の動き、予想される思考や意思決定を解釈することを可能にし、競争相手に対抗、あるいは協調することにより利点を生かすことができます。言い換えれば、ゲーム理論は企業に決断を下すためのより安定した基盤を提供します。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。