2018年にビットコイン強気市場を目にすることになるだろうか?

by Trading 101  //  12月 03, 2018

仮想通貨の上昇が頂点に達したのは2017年末のことで、それ以来、うまくいっていません。この急激といってよい低下を引き起こしたのは様々な要因があります。2017年12月の$18,000を超える価格がから、2018年3月には$11,000ぎりぎりとなったビットコインは、2018年第1四半期に大きな価格変動に見舞われました。政府の規制と大企業の関与などの話題は、仮想通貨の値動きに大きな影響をあたえてきました。こういった話題は、今では、ビットコイン取引の基礎を学ぶ時には必ず認識しなければならない主要テーマです。

ビットコインは急落し、それ以後、回復しようとしていますが、他の仮想通貨の価格はその間にも上がっています。抜け目のない投資家が知っている通り、市場が乱高下する時に、多くの利益を稼ぐことができます。ですから、この取引の基礎を身につけて、2018年に強気市場が起こるかどうかを見てみましょう。ここでは注意しておかなければならない点をあげます。

1) ビットコイン上場投資信託 (ETF)

ETFは金融界で重要な存在であり、ビットコインに基づくETFを獲得するために最近、複数の当事者が多大な努力を行いました。CME、シカゴオプション取引所(Cboe)など主要プレイヤーは規制当局にビットコインETFの承認を求め、仮想通貨を監視するために、新たな規制委員会の設立を提案しました。

ビットコイン先物が2017年にCboeとCMEに上場された時、ビットコイン価格はさらに跳ね上がりました。ビットコインETFに関する同じような発表で、同じような関心が生まれ、ビットコイン価格はおそらく、もう一度、急成長するでしょう。今年半ばまでにビットコインは約$20,000になると予想する専門家もあり、この点は注意しておくべき重要事項です。

2) 政府の規制

ビットコインが2018年の残りにどのような動きをするのか決める最大の要素の一つは、政府がブロックチェーン技術とビットコイン事態の新しさにどのような反応をするかによって決まります。特に、証券市場と証券市場独自の経済に関してはそうなるでしょう。厳しい規制と課税が課せられると、ビットコイン価格は下落する可能性があります。ビットコインが再び、1日に数百ポイント急騰してほしいと願っている人たちにとって、魅力がなくなるからです。韓国のような国がビットコイン取引の厳重な取り締まりを行うと発表したとき、通貨は大幅に下落しました。

とはいえ、自国の仮想通貨を構築し、急速にブロックチェーン技術を採用しそうな政府もあります。このブロックチェーン技術に対する信頼の証は、政府がこのシステムの価値を認識していることを示しているため、重要です。このような明るいニュースはほぼいつでもビットコインの価値を上昇させてきているので、規制ニュースとその結果には注意すべきです。

3) イーサリアムと他の仮想通貨

イーサリアムは特に、実業界で最近、波風を立てています。2018年第1四半期に下落しなかったわずかな仮想通貨の1つとして、イーサリアムは大半の仮想通貨と決定的に異なる道を歩んでいます。スマートコントラクトの発展は多くの投資家や企業の関心を引き寄せました。

イーサリアムの場合、コミュニティにおける議論は現在、変化しています。共同創立者の一人ビタリック・ブテリンは、一定時間に流通できるイーサーの枚数にハードリミットを設けることを提案していますが、このことはビットコインがこの数年間、成功させています。他にも、通貨管理が変化するかもしれません。通貨管理のおかげで、潜在ユーザーにとってイーサリアムの魅力が増す可能性があります。







ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。

アカウントを開く