外国為替を始めるのに役立つ7 つのステップ

による Trading 101     10月 08, 2018

Forexとは外国為替(foreign exchange)の省略形で、最も一般的に商品取引の種類の1つであると言われます。この特有の取引形態では、通貨を売買します。例えば、米ドル、ユーロ、日本円などです。この特有の市場では、どのように異なる商品が取引されるのかについて解説された、役立つ取引の基礎コースを学校で受講していないと、かなり脅威を感じることがあります。そこで、ここにFX市場に参入するための7 つのステップを紹介していきます。

ステップ1: 主要通貨を理解する

知っておくべき最も重要な通貨には以下のものがあります。米ドル(USD)、ヨーロッパユーロ(EUR)、日本円(JPY)、スイスフラン(CHF)、英ポンド(GBP)、カナダドル(CAD)、オーストラリアドル(AUD)、ニュージーランドドル(NZD)。

通貨は常にペアで取引され、FX値付け業者によって値付けされ、取引される18の一般的なペアがあり、これにはEUR/USD、USD/CAD、USD/CHF、AUD/USD、GBP/USD、USD/JPY、NZD/USDが含まれます。

ステップ2: 利回りを理解する

どんな性質のFX取引を毎回行っても、1つの通貨を買って、別の通貨を同時に売っています。例えば、NZD/USDロングの場合、USDを売ってNZDを買うことになります。ここで重要なことは、全ての通貨はその国の中央銀行によって設定された金利をもっていることです。従って、行った全ての取引に対し、売却した通貨に正確な金利を支払わなければなりません。しかし、同時に購入した通貨に対しては、利子を稼ぐことになります。利回りは他の取引形態にも関連しますので、取引の基礎知識としてこの部分を考慮しておいてください。

ステップ3:  お金の節約方法を理解する

「スプレッド」という用語は、通貨を購入する価格と売却する価格の差額のことをいいます。スプレッドは「ピップ」で算出され、1ピップは1%の100分の1に相当します。

ステップ4:  信頼できるブローカーと銀行を探す

FXブローカーは、ほとんどの場合、主要な銀行や金融機関とつながりをもっています。ブローカーが誰であっても、先物取次業者や商品先物取引委員会に認定されていることを確認してください。もちろん、疑わしいブローカーを避け、レビューをチェックして下さい。

ステップ5:  決断を下すための適切なツールを入手する

FXブローカーの中には、顧客が市場を追跡するためのプラットフォームを提供するところもあり、これは、あらゆる種類の取引の標準的な習わしです。このようなプラットフォームは、リアルタイムのニュース、リアルタイムのデータ、チャートなど、多くのデータを提供してくれます。ブローカーが提供しているプラットフォームのデモは、何でも要求することを強くお勧めします。もしそれが好きでない場合は、使用しないでください。

ステップ6:  レバレッジ

レバレッジは重要です。これはしばしば比率で表されます。FXでは、通貨の価値の変化は1セントの端数になる可能性があるため、もし1ドルだけの価値がある資本で取引する場合、成功することはありません。レバレッジはブローカーが、取引のために融資してくれる金額です。もし比率が1:250の場合、口座に入金した1ドルごとに、ブローカーは250ドルを融資してくれ、より多くの利益を上げることが可能です。比率が高いほど、負債が発生する可能性も高くなるので注意してください。

ステップ7:  テクニカル分析 v.s. ファンダメンタル分析を理解する

ファンダメンタル分析は、消費者物価指数、購買力、総小売売上高、輸出入額など、市場に影響を及ぼす、市場の特定の側面を理解することです。テクニカル分析 はFXブローカーの間でより一般的な、FXへの数学的かつ統計的なアプローチです。どちらを選んだとしても、自分の戦略を特徴づける鍵となります。長期的、短期的分析もすべて重要です。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。