ポートフォリオの破綻から守る5つの方法

による Andrew McGuinness     4月 17, 2018

市場が上下するのは、普通のことであり、市場の低下が起こるたびにイライラするのは賢明なことではありません。しかし、市場が完全に崩壊し、底をつき、株式が安値を更新する場合があります。経済破綻は時折起こるので、最悪の状況になった場合に備えて準備しておくことが重要です。市場で大きな長期的な破綻からポートフォリオを守る方法がいくつかあります。ここに貯蓄を安全に保つ5つの方法を紹介します。

1. 即座に売却する

ポートフォリオを保護する最も難しいとはいえ、最も効果的な方法でもあります。なぜでしょうか?毎日の浮き沈みと市場の大暴落との違いを見分けるには、かなりの洞察力を必要とするからです。ニュースの最新情報を通じ、常に情報を把握しておくことで、ある市場で下落が起こっても単なる下落以上のものになるのはどんな時か知って下さい。運が出そろい、すべての兆候が同じ方向を指しているときこそ躊躇しないでください。市場が下落する前に売却してください。

2. 利益を目指す

市場が大暴落する前に予測できれば、これはこれから利益を得る素晴らしいチャンスです。全てがどれだけリスクを冒す意思があるかにかかっています。株式が下落しそうだと思うなら、値段が高い間に売って、上昇してきた際には買い戻してください。オプション取引で所有している株式をプットオプションで購入することもできます。これにより、価格が下がった場合に価値が上がり、損失を減らすことができます。

3. 多様化する

市場の暴落を予測する自分の能力を信頼できなければ、多様化が次善策です。ポートフォリオの多様化によって、一つの株式が完全に暴落した場合でも、全てを失うことはありません。その株式のすべてを失うかもしれませんが、十分やり直せます。こうすれば、市場の暴落からのストレスと不安は和らぎ、心配せずに楽に取引できます。

4. 税務上の損失収穫

市場の暴落で投資を失うことになった場合、タックス・ロス・ハーベスティング(損失を出した銘柄を売却して損失を出し、売却益と相殺して税額を抑えること)は、やはり良い選択肢です。これを行うには、失ったポジションを売却し、31日後に再び購入する必要があります。その後、口座で損失を実現利益と相殺して、残った超過損失を来年に持ち越し、毎年3000ドルの損失を支払うことができます。

5. 負債に取り組む

市場が不安定になってきたら、長期的債務があるなら、その返済おために持株を現金化する時かもしれません。消費者ローンやクレジットカード債務などの高金利債務を処理し、市場が下落しても安定したバランスシートを確保できます。家または住宅ローンの一部を返済するのも良い考えです。結論は?見通しが悪く見える時は危険を冒す時期ではありません。

暴落後も生き残る

真実は次のとおりです。Trading 101では、市場の暴落が起これば、ポートフォリオは小型化すると教えています。市場の暴落や、不況時には財産全体が減るのを覚悟してください。しかし、不可避の事態に対する備えを何もしないのは、投資に対して無責任です。デリバティブ、流動性、多様化、タックス・ロス・ハーベスティング、あるいは空売りを意味するものであっても、市場の破綻中に被害が最も少なく済むために今できることはすべて実行してください。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。