FX取引のホープ全員が知っておくべき、5つのテクニカル指標

による Anthony     2月 18, 2019

FX取引界への冒険に踏み込んだ第一日目でなければ、興味ある通貨を売買する最適なタイミングを判断するために最も上手くいく取引戦略が、ファンダメンタルズとテクニカル指標の組み合わせであることは、おそらくすでにご存じでしょう。しかし、売買ポイントの計算時に投資家が使用するのに、どれだけ多くのテクニカル指標が市場にあるかに関しては、まだ馴染みが少ないかもしれません。FX取引で活用できる戦略は数々あり、取引時にしっかりと利益を生む指標はそこまで多くを必要としないものの、トレーダーが使用する多くの指標には馴染んでおくべきです。FX取引時にもっともよく使用される、5つのテクニカル指標についての下記の説明を読み進め、自分の戦略に組み込んだらさらに稼げるかどうかを考えてみましょう。

平均方向性指数(ADX)。ADXはトレンド力を測る指標として、一般的に知られています。0から100までの数値データポイントを使用し、直接的に価値を測る指標です。ADX数値が高いほどそのトレンド力が強く、現方向に進み続ける可能性が高いです。ADX数値が低いのはトレンド力がとても弱いことを意味し、次の資金移動をするときには注意が必要です。

指数平滑移動平均線(EMA)。EMAは、株またはFX取引通貨の平均価値を表す移動平均線の一種です。最新のデータポイントにより重きを置くため、他の平均移動線とは異なります。つまり、全体の平均より迅速で、さらに便利だということです。

移動平均収束発散法(MACD)。MACDは、トレンドまたは一般的な株や通貨の方向性が変わったときの見積もりとして使用されます。FX取引ではADXと組み合わせると便利で、その通貨がもうすぐ支持線または抵抗線に届くかを判断するのに役立つでしょう。

相対力指数(RSI)。RSIは価格変動のスピードおよび動きに価値を与える、モメンタム オシレーターです。その資産が過剰に購入または売却されているとき、これからの日、週、月で価値が上下するかどうかを投資家が見積もることができるため、株取引またはFX取引で使用すると便利です。

フィボナッチ指標。フィボナッチは、かの有名なフィボナッチ数列を開発したイタリアの数学者です。そしてフィボナッチ数列とは、自然界でしばしば見られる、数字の繰り返しパターンのことです。FX取引の舞台では現在、フィボナッチライン、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチチャンネルなどを含む、フィボナッチ調査をもとにしたテクニカル指標の数々が使用されています。変動予測の基礎として、これらすべては標準のフィボナッチ数列として使用されています。

上述したこれらすべてのテクニカル指標を取引戦略に組み込む必要はないものの、FX取引のホープが、市場で投資家が使用している多くの異なった指標を理解しておくことは、役に立ちます。取引戦略に、これらのうち一つかそれ以上の指標を取り入れることを考えてみましょう!





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。