株式投資をすべき5つの理由

による Andrew McGuinness     4月 13, 2018

ビジネス分野にあまり関心がなく、経験のとぼしい多くの人にとっては、株式と投資の話題は、わけがわからないものに思えるかもしれません。実は、株式投資は本当に誰にでもできます。株式市場への投資から利益を上げると面白いかもしれないと思われるなら、本腰をいれてやってみるべき5つの理由をここにあげます。

1. 多様性が広がればリスクは減る

投資と株式市場を取り扱う時に、完全にリスクをなくす方法はありません。株式市場とリスクは切っても切れない関係です。この事実があるにもかかわらず、投資を多様化すれば、損をするリスクを下げることができます。どうやればこれができと思われますか?多様化には投資ポートフォリオのバラエティや範囲の拡大が含まれます。言い換えると、たとえば投資するアセットクラスを増やすつもりであれば、リスクが生じる危機は、おそらく低くなります。

2. インフレに一歩先んじる

時間が経つにつれ、全通貨ではないとしても、大半の通貨の購入力は低下すると証明されています。50年前なら、すばらしい食事ができた金額でも、今ではガムも買えません。株式市場に長期投資すれば、この事実を活かして、インフレに一歩先んじることができるでしょう。

3. 成長の可能性が高い

401kプログラムだけでなく、退職プログラムのおかげで、株式市場は、毎月、多額の直接投資を受けています。このため、価格は必ず上がります。言い換えると、株式市場の金額はそのうちにあがるようにできています。それが第二の天性となっています。また、市場である企業が悪い業績をあげそうな場合、実際に、株価を上げるため、この企業は上場取り消しとなり、業績のよい企業が代わりに上場されます。

4. すべてをリスクにさらす必要はできない

投資家は何から何まで所有する範囲内でリスクを負わなければならないという決まりは株式市場にはありません。スリルや、特定株は大成功するという確固たる信念などの理由で、なにもかもをリスクにさらしてしまった投資家もいますが、それだけの理由で、誰もがそうなるわけではありません。各投資家は各自の状況と個々の環境に応じ、自分にとって正しいことをする必要があります。

リスクをうまく扱えないのであれば、明らかに、投資額を減らすべきです。投資先を決定し、投資額を決めるに当たって、他の必須因子は年齢と経済状態です。年齢が高くなれば、長期投資は現実的でなくなります。資金が多ければ、少額で堅実すぎる投資をするのはつじつまがあいません。

5. 投資家によってオプションを変えることができる

株式投資をする時に、守らなければならないルールや、守らなければならない予想はありません。株式市場の長所は、自分にとって正しいやりかたを追求できる点です。投資に不安を抱えており、小規模で試してみたいのであれば、そうできる個別株はたくさんあります。一方、全部引っくるめて、マクロ経済規模で投資をしたいなら、包括的な指標の購入も可能です。

ミューチュアルファンドに興味を持たれるかもしれませんが、料金が高くなることをお忘れなく。オプション投資もよい選択かもしれません。資本投資は少なくてすみ、カスタマイズした戦略に携わることができるからです。ある株式オプションがあわなくても、別のオプションがあります。それこそが株式市場の長所です。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。