ビットコインがバブルではない5つの理由

による Andrew McGuinness     12月 20, 2017

Trading 101はバブルを避けるようにお教えしています。他の全員が投資するものに投資しないこと、さもないとバブルがはじけた結果、苦しむことになるでしょう、と。しかしビットコインは伝統的な株とは違いますので、同じルール下でとらえることはできません。ビットコインと他の仮想通貨に投資することへの主な不安は、もしかしたらバブルかもしれない、ということです。お金をドブに捨てたい人など誰もいません。しかし、ビットコインがバブルではない理由はいくつかあります。たとえば下記のようなことです。

1) ットコインは革新であり、株ではない

経済や商取引の専門家の多くは、ビットコインに参入するのは制限されているという見解を持ち、警鐘を鳴らしています。彼らは資格を持つ経済の専門家であって、技術の専門家ではありません。ビットコインを市場で取引される株と変わりないものとして見ているので、他の株のように同じ取引ルールをビットコインに課しているのです。

しかしビットコインは、株の類からはもっとも離れたものです。ビットコインはその種ではじめての革新なのです。独自の実用性と希少性があり、株の価値にとって代わるものです。ビットコインそのものは仮想通貨として使うのに魅力はありませんが、もっと洗練された仮想通貨への道のりを切りひらく一番はじめの仮想通貨の役割として、あと数年はトップに君臨することが保証されています。

2) これが仮想通貨の黎明(れいめい)期です

2017年は、ビットコイン、ライトコイン、イーサやリップルが数千パーセントも価値を上げ、仮想通貨にとっては大きな年でした。仮想通貨投資に慎重な多くの人は今、すでにこんなにも高価になったというだけで、このロケット噴射のような高騰が終わるのではないかと恐れています。

しかし、スローになる動きは見られません。ビットコインと仮想通貨の広がりは、たった今始まったばかりです。ビットコイン自体は、これから数年後に仮想通貨支払いの主な形式にはならないかもしれませんが、さらに受容を求める他の仮想通貨より知名度があることから、名を馳せ続けるでしょう。一般大衆が仮想通貨の利点を理解し、さらに多くのビジネスが受け入れれば、仮想通貨マーケットの価値は上がるのみです。

3) 済的不安のある国にとって、とても重要です

ビットコインの素晴らしさは、その実用性と機能にあります。ビットコイン否定派の多くが、ビットコインは闇市場のドラッグ取引と何ら変わりないと主張するでしょうが、それはもはや違います。ビットコインは、従来の銀行が利用できない人々や、ハイパーインフレに苦しむ国々に大変重要です。

例えばベネズエラでは、経済があまりに酷い状態になったため、ベネズエラ中央銀行は一日あたり5ドルしか引き出しを許可していません。このために大衆はビットコインに鞍替えしたのです。ビットコインは人々を意気消沈させるよりも、何とか生活を成り立たせてくれるからです。

4) 他力でつぶれることはあり得ません

ビットコインには多数の否定論者がいるかもしれません。その理由の一部は、ネガティブなメディアこそが、反対派が潜在的にビットコインに害を与えうる唯一の方法だからです。なぜか?それはビットコインが権力分散型で、どんな企業や存在にもコントロールを許さないからです。ビットコインはユーザーが信じる限りはオンラインで存在し続けるでしょう。シャットダウンさせるようなどんな操作も存在しないからです。

5) 供給には限りがあります

ビットコインは最大で2,100万枚だけをリリースするように作られています。その後、ビットコインは一枚も採掘されません。80%はすでに生成されていて、あとの20%は22世紀の半ばまではマイニングされないだろうとされています。これは人々がビットコインに投資を続ける以上、その限りある性質のために価値は上がり続けるのみだということです。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。