ビットコインが世界に影響を与える4つの方法

による Andrew McGuinness     6月 13, 2018

ビットコインは人によって違うものとして見られていますが、一つ合意できるものがあるとすれば、それは2009年の市場登場以来、世界を変えてきたという事実です。業者はビットコインを変動が激しすぎると見ているかもしれません。技術熱狂者は、革新的で画期的だというラベルを貼るでしょう。ある国ではマネーロンダリングやドラッグの横行を支援するとして、危険だと信じられています。その他の大多数の投資家は、ビットコインを知っての通り、将来の通貨とし、これまでの中でもっとも価値のある投資の一つとして単に見ています。

言い換えると、ビットコインの使用者、発見者、避けている人をすべてまとめて、ビットコインが人々に影響を与えていることは明確です。しかし、私たちが知る世界はどうでしょうか?下記に挙げるのは、ビットコインが世界に影響を与えている4つの方法です。

  1. 他の仮想通貨への市場開放

2009年のビットコインの創設は、その足跡を追う他の仮想通貨の世界に向けて、市場を開きました。のちに仮想通貨市場に登場する、とても多くの革新的な競合コインへの道を切り拓いたのです。仮想通貨は世界へ影響を及ぼしビットコインが技術の未来と通貨へ第一歩を踏み出さなかったら可実現しなかった世界へ影響するような広がりを見せていますが、まだ影響は完全に終わったわけではありません。

  2. ビットコインでできること

ビットコインは、たいしたことは何もできない通貨としてスタートしました。ピザや服を注文することはできたかもしれませんが、ビットコインを決済方法として受け入れる商業者はきわめて少数でした。しかし今では、ビットコインは数えきれない施設で、決済方法として拡大しています。食べ物、服、フライト、ホテル、不動産、車や教育でさえもビットコインで支払えるのです。

  3. ビットコイン投資が自分にとって何を意味するのか

ビットコインは、数えきれないほどのサクセスストーリーと関わっています。熟練者でも経験がなくても、世界中の投資家がビットコイン投資のおかげで高リターンを楽しむことができています。数年前に最少額の投資だったものが、今日では数百、数千ドルもの投資に成長したのです。

ビットコイン投資には、どんな投資とも同様に、明らかにかなりのリスクがついて回ります。しかし大多数の投資家は、喜んでこの投資を選択しています。

  4. 匿名性のある個人取引が簡単

もちろん、ビットコインが簡単に匿名性のある個人的な取引を政府関連や金融機関のような存在に監視されないずに行うことができるため、悪人を惹きつけるようになりました。マネーロンダリングやドラッグの横行、指先ひとつで簡単に薬物を買えるツールを持つ薬物中毒者の問題を容易に解決できる通貨を提供することは、ビットコインの狙いではありませんでした。

ビットコインは顧客と業者に等しく、送金者と受金者の両方に、コストパフォーマンスが高く、タイムリーで分散型の決済方法、ペイパルや金融機関に容易にとって代わる方法を利用できるようにつくられたのです。犯罪者が活動する場ではなく、ピアツーピア決済ネットワークを作るのが目的でした。

結論

ビットコインが複数の方法で世界に影響を与えたことは、疑いようがありません。投資家を最少額の資金から成長させ、顧客には基本的にはこの世の全ての物の購入が可能となり、仮想通貨と技術の世界をつなぎ、非常に広い範囲にまで拡大しました。もちろん世界にネガティブな影響も与えていますが、ポジティブな影響によって容易に打ち消されるのです。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。