トレーダーの行き詰まりを避ける3つの方法

による Trading 101     7月 22, 2019

うまくいくには、意識が重要であるというのは、トレーダーの常識です。良い取引と悪い取引の差は、取引を行った心構えとなりえます。「トレーダーの行き詰まり」というコンセプトは、標準的で単純な取引の基礎ガイドではめったにとりあげられません。

トレーダーの行き詰まりは単純なコンセプトです。トレーダーが精神的な行き詰まりを感じ、新たな取引の開始または既存の取引の終了に四苦八苦しているときにおこります。一般的には、取引で勝つか負けるかした後で経験します。このトレーダーの行き詰まりを取引の基礎の知識に加えることを考えて下さい。自分か仲間のトレーダーが行き詰まるようなことがあれば、どうすべきかわかるでしょう。

勝ちポジションで取引を終了したばかりのトレーダーであれば、多くの場合、行き詰まりはパフォーマンスに対する不安の結果です。成功を繰り返すことができないことを心配したり、次の取引では同じぐらい大きく勝つ必要があるとさえ思っているかもしれません。

負けポジションで手じまいしたばかりのトレーダーが行き詰まるのは、同じ間違いを繰り返してまた負けるのではないかという恐れのためです。特に、その取引が連敗の場合はそうなります。この場合も、自信喪失と取引に対して用心しすぎるやり方が特徴となります。

悪名高いトレーダーの行き詰まりをトレーダーが克服できる3つの方法をあげます。

  • 1) 受け入れる

問題があるいという事実を受けいれることが、解決の第一歩となることはよくあります。多くの場合、この行き詰まりで苦しむトレーダーは、自責の念や恥のために認めたがりません。そうだ、問題があるとか、いや、克服するのは不可能だという事実を受け入れなければ、トレーダーが進歩するのは難しいでしょう。

問題があるという事実を理解するだけで、解決できることはよくあります。痛手を受けているトレーダーが、一つの取引を気に掛けすぎて、分別のないことをしていると気づくからです。

ここでよくある間違いは、時間さえかければあらゆる傷はいやされると信じることです。この場合、時間がたてば、事態が悪化するだけで、その結果、本当にひどい取引が起こり、その結果、負けることになりかねません。

  • 2) 業績評価

企業の機能などの業績評価ではありません。そうではなく、トレーダーが前回の勝ち負けにこだわっているのであれば、取引の履歴と過去のその後の業績を見れば、必要な洞察力がつき、問題があったことを受け入れて、前に進むことができます

最後の取引結果がマイナスであれば、うまくいかなかった実際の原因は何なのか、それを回避する方法を評価する助けとなるかもしれません。リスク管理がうまくいかなかったのか?おそらく市場へのアプローチがまちがっていたのか?理由は何であれ、今では問題が理解されていますので、解決して将来は回避できます。

最後の取引で勝ちを収め、今では業績に対する不安を感じているのであれば、トレーダーは単純にリラックスする必要があります。すでにうまくやって、その取引を勝っているので、取引を見て、何がうまくいって、将来の取引でどの部分を再現できるのかを理解します。

  • 3) 取引戦略と計画のレビュー

単に時間をかけて、取引原則と市場への一般的なアプローチ法を見直す時間が必要であるトレーダーもいます。取引方法となぜ取引がうまくいったのかに関するリマインダーがあれば、一回の取引に対する恐れは片隅に追いやられ、消えていくはずです。

システムは理由があって存在するのであり、自分を信じて独自計画をうまく実施できるというリマインダーがあれば、トレーダーは机に戻って、取引をシステムにあてはめるために必要な自信を高めることができます。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。