取引のキャリアを改善する3つの方法

による Anthony     7月 15, 2019

トレーダーが取引の基礎コースを抜け出して新たなライフスタイルを始めた場合、特に直面する主なジレンマの一つが、成功と失敗のサイクルです。多くの初心者トレーダーが良い取引をして興奮し、そして直後に悪い取引をしてしまいます。おそらく取引に次ぐ取引という方法ではなく、一般的に見られるパターンです。

そういった行動は毎日の取引には危険なものです。ほとんどのトレーダーは最終的に、必ず毎日、毎日、熱心に取引を行う長期間のサイクルにいきつくことになりますが、そういったトレーダーが希望しているような利益を上げることができない可能性は非常に高いものがあります。

過度な分析、自信の問題、感情のコントロールができないことが、この主な要因となることが往々にしておこります。悪い判断は悪い判断を呼び、トレーダーは、失敗を直接経験するはめになった決定を疑います。

もちろん、この習慣を捨てる方法はあります。クラシックなFX取引基礎ガイドでは取り上げていない、新米からプロへとキャリアを進化させていく方法を見てみましょう。

  • 1) 取引時間を決める

忍耐のなさと、トレーダーが常に取引する必要性こそが、複雑怪奇で危険な行為の一つとして経験が乏しいトレーダーまたは成功していないトレーダーが犯しがちなこととして、目にすることになるものです。取引の際に、分足を追跡するのは、逆効果を招く原因の一つです。

トレーダーが日足チャートから離れずにいることを強くお勧めします。日足チャートは、はるかに信頼性があり、取引日の正しい概要を示してくれます。結局大切なのは、その日がどんなふうに終わったかであり、どんなふうにはじまったかではないからです。このことは、一日の終わりの取引だけが大事とする考えと関連しています。

日足チャートで取引を行うと、集中して、よい意思決定ができるようになります。時間足(または更新がもっとはやいチャート)がトレーダーに送ることができる偽のシグナルは文字通り多数あり、トレーダーをおじけづかせ、最終的には、取引で損失を出します。

  • 2) 量より質を優先

ハリウッドは、取引の暴落を目にして髪をかきむしるスーツ姿の男のきちがいじみた取引ライフスタイルをロマンチックに描写するというすばらしい仕事をやってのけています。実際の取引は大いに違います。映画は娯楽であり、実生活の指針をあたえてくれるものではないということを人は忘れがちです。

取引量を減らしますが、実は取引に集中するというのが、トレーダーのキャリアで最も有利な動きの一つです。そうすることで、本物の取引計画を立てることができます。資本を最大限に活用し、高リスクでゆるやかな取引をする機会があたえられます。1ヶ月に100の取引を行う代わりに、10回にすることができます。それぞれの取引が10倍以上のリスクに相当します。

  • 3) 値動きのシグナルを理解

コンフルエンスと値動きのシグナルの理解は、トレーダーのゲームを次のレベルに本当に引き上げることができる2つの重要なコンセプトです。

値動きは特定の期間における価格の動きです。過去データの理解とともに、この値動きシグナルを理解しておくと、値動きのパターンがわかり、繰り返されるパターンに従って取引できるため、うまくいきます。

コンフルエンスは、シグナルがあるレベルを超えるチャートのポイントを言います。様々なコンフルエンスのポイントが存在する可能性があり、このポイントを研究し、どのような機会を得ることができそうか理解しておくと、有利な取引を行う可能性が高くなります。

広範囲に取引を行い、何もかもを見ようとする代わりに、たとえば人気のFX通貨ペアのように、特定市場の値動きとコンフルエンスを使用すると、トレーダーは、ある分野のちょっとした専門家となり、そこから本当の利益を得ることができるようになります。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。