既存の株式取引が変わる3つの方法

による Andrew McGuinness     8月 31, 2018

20年前の野球がまったくちがうように、株式も非常に変わりました。インターネットが台頭し、この数年、技術がめざましい進化を遂げたおかげで、株式取引は今では短期間で進化しています。ブロックチェーン技術の到来などをはじめとする現在の技術の進歩の直面する中、将来を見通して、最も必要不可欠な種類の取引の一つである株式取引が将来、どのように変化するのを予想する必要があります。取引の基本原則は今後も常に有効だと私達は信じていますが、適用方法は根底から覆るかもしれません。

検討すべき点の一つが、経済が変化し成長する方法です。現在では超富豪層が独占しているものが、20年もすれば中間所得層にとって当たり前のものになるでしょう。人工知能(AI)が誰にとっても次の大きなファイナンシャルアドバイザーになり、投資プロセスが完全に自動化されるかもしれません。AIプログラムに独自の取引の基礎知識を教えると、AIが代わりに仕事をしてくれるということさえあるかもしれません。

1)デジタル分析とデジタルアシスタント

投資家とトレーダーの役に立つような精巧なレベルに達するのは、単に時間の問題でしょう。インターネットで利用でいるデータの量は、特に金融がらみの場合、1日ごとに増えていきますので、それをすべて分析するのは人間には不可能です。

皆さんの投資・取引機会を見つけてくれるAIアナリストがいれば、株取引市場に大きな変化が訪れるでしょう。映画アイアンマンに登場する人工知能の執事ジャービスのように、皆さんの代わりに取引を行うように教え込める仮想アシスタントがいると想像してください。こうなれば、多くのアナリストは失業するでしょう。でも、エンドユーザー、この場合、皆さんにとっては朗報であるのはまちがいないでしょう。

2)株のハイブリッドが話題になる

同じ会社のデリバティブ株はすでに、金融界が夢に描いているものです。石油ガス会社を例に取ってみましょう。リスクの高い再生エネルギー・プロジェクトに着手したとします。会社全体ではなく、そのプロジェクト専用の新しいクラスの株を設けることで、このプロジェクトを差別化できます。たとえば、企業のハイリスク株だけを扱うため、新たなS&P 500をつくるなど、まったく新しい指数ができることになり、デリバティブ株を巡って資金を構築できます。

こうすれば、はるかに具体的で、カスタマイズされた多様なポートフォリオができます。二酸化炭素を排出しないカーボンフリーのポートフォリオや特定の工学プロジェクトを巡るポートフォリオを構築できます。海外の特定国における企業活動に関する投資を構築することもできます。

3)新たな資金調達経路の発見

クラウドファンディングはすでに非常に大きなものとなっており、あちこちで賛否を論じる見解が多数あがっています。インディゴーゴー、キックスターター、ゴーファンドミーは、過去数年間で信じられないほどの人気を集めるようになり、クラウドファンディングがなければ得る機会すらもてなかったような資金に新興企業がアクセスできるようになりました。残念ながら、クラウドファンディングには詐欺とセキュリティ問題が多数発生しています。

もう一つ、将来の株式取引を変えるのは、企業のIPOへの取り組み方です。今ではICO(新規仮想通貨公開)が行われていますので、新興企業がYouTubeなどの動画共有サイトで自社企業登録フォームを公表するようなことがあっても、驚くことではありません。新興企業がナスダックのような取引所から合法性が与えられていたのであれば、新興企業が上場し、今日の企業がまだとっているような従来からのテレビのルートの代わりに、動画を使って、注目を集めるのを目にすることになるかもしれません。





ラーニングセンター、Broker Insights、
独占プロモーションを無料で無制限にご利用いただけます。